確実な成功を呼ぶための、新年の目標設定の仕方

mokuhyou

気が付けば、もう年の瀬。新年が間近に迫っています。毎年「今年の目標」を設定する方も多いと思いますが、どんな目標を設定していますか?

ダイエットとか、資格取得なんて方もいるでしょうし、「今年はイライラしない」なんて、自分を戒める方もいるでしょう。

でも、成功を呼ぶ新年の目標設定のポイントは、「ふざける」こと。思いっきりふざけた目標をたてる方が、あなたの人生に成功を呼び込んでくれるんですよ。

「ふざけた目標」って、どんな目標?

Sponsored Link

例えば小学校のころ、一年の終わりの文集の「将来の夢」の欄に、こんなことを書く子はいませんでしたか?「世界征服」とか、「天下を取る」とか。

こんな目標をみると、誰もがくすっと笑ってしまいます。

あなたが立ててほしい目標も、こんな風に自分が「くすっ」と笑ってしまうもの。

例えば「美魔女グランプリに輝く!」とか、「豪華客船で旅をする!」なんて、少し非現実的なことでいいのです。

でも、大切なのは次の2点。次の2点は絶対に押さえてください。

  • 実現したら、間違いなく嬉しいこと
  • この目標が達成される過程で、あなたの欲しい物が手に入ること

だから、「世界征服」という目標も、何かの分野でトップになりたいという思いがあるのなら良いのですが、特に征服したいことが無ければ適していません。

「自分が実現したいことの先にあるもの。究極的なゴール」は何かを考えてイメージすると、目標設定がしやすいでしょう。

「ふざけた目標」を設定することの、真面目な効果

Sponsored Link

このようなふざけた目標設定をすることには、目標達成に向けた明確な効果があります。具体的には次の3点が挙げられますが、これらは、目標達成においてなくてはならないものばかりです。

  • なぜ目標を達成したいのか。目標を達成することで、どんな自分になりたいのかを明確に出来る(夢の具体化)
  • 目標達成に対して「ワクワク、ドキドキ」といった楽しい感情を持つことが出来る (動機づけ)
  • 目標を達成した後のイメージを具体的にすることが出来る (実現力を高める)

「自分のしたいこと」にフォーカス出来る

また、目標設定は「しなければならないこと」を挙げがちですが、上記のような目標設定をすることで「自分がしたいこと」に着目をすることが出来ます。

「しなければならないこと」は、必ずしも幸せにはつながりません。それが達成できたとしても、自分が嬉しい状態が得られるかどうか分からないからです。

しかし、「自分がしたいこと」は、実現されれば必ずあなたにとって嬉しい状況を作り出すことが出来ます。

大きな目標をたてたら、行動目標を立てる

「美魔女になる」など大きな目標をたてたら、そこに到達するための「行動目標」を必ずたてましょう。

多くの人は、「目標」というと「なりたい状態、目指す姿」と「それを達成するために行動すること」を混乱しがちです。

「行動すること」だけを目標にしていると「目指す姿」を見失いますし、「目指す姿」だけを目標にしているといつまでたってもゴールにたどり着けません。

あなたがまず立てた「ふざけた目標」は目指す姿。だから、ここにたどり着くための「行動目標」を必ず立ててください。

Sponsored Link

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ