「私ばかり不幸」だと思う人が、幸せになる方法

watasibakari

離婚や経済的な苦労、一人での子育て。「私ばかり不幸」だと思ってしまうような出来事が起こっているのだとしたら、辛いことでしょう。

でも、そんな方に朗報です。

「私ばかり不幸」だと思うなら、それはすぐそこに幸せがやってきている証拠です。

簡単には信じられないとしても、この記事ではあなたが幸せになる方法をお伝えします。

なぜ「私ばかり不幸」ならもうすぐ幸せになれるのか

Sponsored Link

「あなたばかり不幸」ということは、「周りには幸せが訪れている」から

「引き寄せの法則」についての本を読んだことはありますか?

引き寄せの法則によれば、「願っていることの実現が近づいてくると、まずは周囲にその願いを実現した人が増える」と言います。

さて、いまあなたが「私ばかり不幸」と思っているということは、「周りは幸せだ」ということを示しています。

あなたは幸せになることを望んでいるのでしょうから、周りに幸せな人が多いということは、確実に「幸せの引き寄せ」が出来ているということ。

この次には、あなたが幸せになることが約束されているのです。

高く飛ぶ前には、深く沈み込む必要がある。

また、あなたがいま不幸のどん底だと思っているなら、それが深ければ深いほど良いでしょう。

なぜなら、どん底に沈めば沈むほど、高く飛べるから。バネを想像すると分かる通りです。

あなたが今辛くてしょうがないというなら、この次にはきっと大変な幸せが待っていますから、どうぞ慌てないでその幸せを受け取るようにしてください。

あなたは罰しられてはいない。辛いことには、必ず良い理由がある

Sponsored Link

あなたが幸せを受け取るためには「こんなに辛いことが多いのは、あの時の罰があたったんだ。」とか、「前世や先祖の因縁のせいで悪いことが起こるんだ」と考えることを止めてください。

神様は、決して人を罰するために辛い出来事を起こしません。

神様は愛に満ちた存在です。どんな宗教がそう言おうと、神様が人に罰をあたえるということは無いのです。

だから、どんなに重い罪を犯した人からも、罰としてただちに命を奪うということはしないでしょう。必ずその罪を悔やみ反省する時間を与えます。

あなたが今辛い出来事に直面しているということは、神様はあなたに何かを気付いて欲しいのです。

「なんで私ばかり不幸なんだろう」と考えるのではなく、ぜひ「ここから何を学んで欲しいのだろう」と問いかけてみてください。

そうすることで、必ず辛い日々に出口が見えてきます。

—————————————————————-

誰もが知っている有名な海援隊の歌、「贈る言葉」にこんなフレーズがあります。

「人は悲しみが多いほど、人には優しく出来るのだから」

辛いこと、悲しいことが多いことは、あなたを優しくします。辛いことがあった人を支える心の広さを与えてくれます。

きっと、あなたは自分より大切な誰かを支えられるようになるために、辛い出来事に耐えているのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ