お金を増やすなら、節約より心がけるべき「たった1つ」のこと

okanehuyasu

限られた収入で生計を立てるシングルマザーには、家計管理の仕方が重要です。月々の収入からどう貯金を増やすかについて頭を悩ませたり、節約を心がけている方も多いでしょう。

この記事ではそんなシングルマザーのために、「お金を増やすためのお金の使い方」をご紹介します。

節約して使うお金の量を減らすよりも、コレを心がけることで、今あるお金を増やすことが出来ます!

お金を増やす心がけは、「元をとろうとする」こと

Sponsored Link

「元をとる」と聞くと、なんだか貧乏くさく感じます。

ここで言う「元をとる」とは、「支払ったお金に対して100パーセント以上の価値を得ようとする」ことです。詰め放題300円のみかんを、300円で買えるよりも多く買おうとする行為です。

それに対して節約とは、とにかく出ていくお金の量を減らすことを意味します。詰め放題300円のみかんではなく、詰め放題200円の方にしておこうか、という考え方です。

上記の例を見ると、節約は「自分が得る価値を大きくする」ことに着目しません。

そこが「元をとろうとする人」と「節約する人」の大きな違い。この違いが、お金を増やすことが出来るかどうかを、大きく左右します。

化粧品を例にして考えると分かりやすいでしょう。

例えば「シワを無くしたい!」と思って買った化粧品。節約する人は早くなくならないように、少しづつ使います。

こうすると確かに化粧品の減りが遅くなるので、購入の出費を抑えることができます。でも、あなたも実感したことがある通り、使う量を減らしてしまうといかに効果が高い化粧品も量を減らした分だけ効果が減ります。

Sponsored Link

反対に元をとる人の場合。化粧品の効果が最大化するように、工夫をします。例えば、通常の使用料でもパックにしてみたり、蒸しタオルで毛穴を開いてから使ったりなど、お金をかけずに化粧品の効果を高めるような工夫が出来るでしょう。

同じ化粧品を買っても、それを使用したことで得られる効果も満足感も、「元をとろうとする人」の方が高いことは明らかです。

「元をとろうとする人」は、このように生きたお金の使い方が出来るのです。

「生きたお金の使い方」が出来るとお金が増えるのはなぜ

元をとろうとすることで、「生きたお金を使うことが出来る」と先述しました。生きたお金とは、「喜びをもたらすお金の使い方」といえます。

つまり、元をとろうとすることで「お金を使うこと」の喜びや豊かさを知りお金に対して感謝出来るようになるのです。その気持ちが、あなたの仕事を上手くいかせたり、臨時収入を増やしたりします。

反対に節約にばかり目がいってしまうと、「お金を使うこと=悪いこと」という思い込みが大きくなり、お金を使うことで得られる喜びに気付けなくなります。

お金以外にも、全てにおいて「元をとる」姿勢が幸運をよぶ

「元をとる」ことで増やすことが出来るのはお金だけではなりません。

どんなことを経験しても「ただ辛いだけでは済まさない。ここから何かを学んでやる」という姿勢を持つと、あなたの身に起こる出来事全てに感謝出来るようになります。

出来事すべてに感謝出来るようになるということは、あなたは人生そのものに感謝出来るようになるということです。

そんな考え方の人に、神様は幸運を授けてくれます。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ