「いいことがない」なんてふさぎ込む前に坂上忍に学びなさい!

koronndarahanawotukame

いいことがないなぁ・・

嫌な事やついてない事が起こるたび、「どうして自分ばかり」とふさぎ込んでいるあなた。

そんな風にしていたら、これから先もいいことなんて起こらないままです。

人生を変えたいなら、このブレイク芸能人に人生の生き方を学びましょう!

「いいことがない」人なんて世の中にごまんといる。この人だってそう。

Sponsored Link

情報番組やバラエティ番組で顔を見ない日が無い坂上忍さん。

坂上さんは70~80年代に子役として活躍したあと地道に俳優活動を続けていましたが、つい最近になって再ブレイクしました。

華やかな芸能界の中でも売れっ子の坂上さん。一般人からすると、さぞ幸せな人生を送ってきたことだろうと想像してしまいます。

だけど大人気だった子役時代から既に、想像を絶するほどの逆境の中で生きてきたのです。

父親の会社が倒産したことによる億単位の借金と両親の離婚。

子役として働いていた坂上さんは、父親の借金を返すために高校まで中退したといいます。

「いいことがない」にしても、これほどまでに過酷な状況を経験したことがある人がどれくらいいるでしょうか。

そんな中でも、坂上さんは腐ることなく活動を続けます。

それほど売れない時期にもあきらめず自分のポジションで頑張り続けたから、今の大ブレイクがあるのではないでしょう。

人生は不貞腐れたら終わり。執念深さが勝ちを呼ぶ!

Sponsored Link

さて、「いいことがない」と嘆く大勢の中から抜け出し、坂上さんのように運を勝ち取るためにはどうしたら良いでしょうか。

そのためには嫌なことがあっても、そこから「学べること全てをもらさず学ぼうとする貪欲さ」が必要です。

坂上さんだけでなく、浮き沈みの激しい芸能界には不遇の時期を経て再ブレイクした芸能人は数知れません。

有吉さん、ヒロミさん、篠原ともえさんなど。

彼らはきっと、不遇の時代も這い上がる手段を考えていたはず。

「わたしはもうダメなんだわ・・」なんて弱気になったら、絶対に人生に勝ちは訪れないのです。

転んで泣いていたら抱き起こしてくれるのは、子供のころだけの話し。

大人になったら転んで起き上がるだけじゃなく、地面に咲いていた花をむしりとって起き上がるくらいの執念でがんばりましょう。

何度も転んで這い上がったら、大きな花束が出来上がりますから!

< 「いいことがない」と落ち込むあなたを励ます記事 >

「人生山あり谷あり!今どん底でも最後に笑えるようになる習慣」

「私ばかり不幸」だと思う人が、幸せになる方法

「育児が原因で物事が上手くいかない時あなたは子供に守られてます」

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ