絶対折れない!強靭なメンタルはあなたの覚悟ひとつで手に入る

kyoujinnnamenntaru

シングルマザーには不安や悩みがつきものです。

だけど、何かあるたびに「心が折れそうに」なったり「どうしていいことが無いの」と感じてしまう・・

こんなことが多くて、これから子供を背負って生きていくことが出来るでしょうか。

どうせ覚悟を決めてシングルマザーになったのなら「強靭なメンタル」を手に入れましょう。

これを手に入れてしまえば、何が起こったってへっちゃらです。

強靭なメンタルが欲しければ、地獄を想像してみましょう

Sponsored Link

心に夢を描くことは大切なことです。

「あんな家に住んで、再婚もして、子供は有名大学に行って・・」

夢や希望が無ければ、明るく生きていくことは難しいですもんね。

だけどこんなお花畑妄想だけをしているうちは、自分の期待に反することが起こった時に打たれ弱いものです。

ちょっとの困難や逆風に「どうして?」「もういや!」「やっぱり私の人生ダメだった」と、すぐに心が折れてしまいます。

実際には描いた夢にたどり着くまでに、最低最悪の地獄があることが多いのです。

例えばあなたが失業する、子供が学校で問題を抱える・・

「そんな中でも私は子供と生き抜き、夢を実現する」

夢にたどり着くまでにどんな地獄でも通る覚悟を決めてしまえば、多少給料が低かろうが、失業しようが、生きていく希望を投げ出すことはないのです。

またそんな強い覚悟を決めた人間は、ピンチの時に必ず藁でも雑草でもつかもうとします。

するとその藁や雑草が「チャンス」であったことに気付くのです。

大切なのは「地獄で終わるもんか!」の根性

Sponsored Link

今あなたは確かに苦しい状況かもしれません。

学生時代の友達や同僚に比べると、みじめな境遇なのかもしれません。

わたしも他人から見れば、そうかもしれません。

両親は初め「近所で噂される」と、わたしと子供の同居を快く思いませんでした。

でもそんなこと、「知ったこっちゃない」です。

「いま、みじめ?知ったこっちゃない。」

「笑われても、同情されても、どんな手段も使っても、絶対に這い上がる!」

この根性さえあれば、地獄の時期なんてあっという間に過ぎ去っていきます。

そして終わってしまえば、それは全部「良い経験だったね」で終わるのです。


上記のことは、デール・カーネギーの著書「道は開ける」に「最悪の事態を受け入れる」として書かれています。

私は恩人の方から勧められて読みました。

当時は理解出来なかった「最悪の事態を受け入れる」ということ。

それって心配性になるんじゃないの?

余計な不安をあおらないの?

でもこれが出来てしまえば、焦ることも気持ちが不安定になることも、無くなっていくのですね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ