「離婚して幸せ」の美談、止めました

rikonnsitesiawase

離婚してシングルマザーをしていますが、今幸せかと聞かれたら幸せです。

だけど今、離婚をすべきか悩んでいる人がいても、「離婚したら幸せになれるよ」なんて、軽はずみには言えません。

離婚してから幸せを感じられようになるまでの間に、長いトンネルがあると感じているからです。

「離婚して必ず幸せになれるか」と聞かれると、「はい」とは言えない

Sponsored Link

何をもって幸せと思うかは人それぞれですが、辞書では「幸福」をこう説明しています。

「幸福」 満ち足りていること。不平や不満がなく、たのしいこと。 デジタル大辞泉より

上記のような状態を「幸福」だとすれば、私がこんな幸福感を感じられるようになったのはここ最近のこと。

それまでは心に、不満も不安も、自己嫌悪も嫉妬も渦巻いて、それは不安定な毎日を過ごしていました。

顔も見たくない、口も聞きたくない、同じ空間にいたくない、それほど嫌な元夫でも。

あるいは会えば嫌味を言ってきたり、隠れて嫁いじめのようなことをしてくる義両親でも。

離婚して「すっきり、晴れ晴れ、せいせいした、安心した」という感覚はあったものの、

「そんな人を夫に選んだ自分」への自己嫌悪があり、

大多数の人が継続している「結婚」に挫折した自分へのみじめさもあり、

これから先の生活への不安もあったり

離婚はそれまでの問題に終止符は打ったものの、新たな問題の始まりでもありました。

つまりは、その頃は必死で認めないようにしていましたが、

「離婚をしても不幸」

だったのです。

「離婚して不幸」を認めることが「離婚して幸せ」への第一歩

Sponsored Link

離婚しなくても不幸。

離婚しても不幸だった私。

今思えば、その不幸を認めることが私が幸せになる第一歩でした。

「離婚しても不幸」を認められなかった当時の私に、早く気付かせてあげたいくらいです。

気付けないうちや強がっているうちは、自分がどこで彷徨っているかも分からないから、出口も見つかりっこないんですね。

反対に離婚して、「辛いよ。最悪だよ。どん底だよ。」と感じている方がいたら。

きっともうあとちょっとで、トンネルの出口を見つけられます。

いま心にある不安や不満、辛いこと。

目を反らさずにがっしり受け入れてしまいましょう。

そのために必要なのは、私たちの勇気だけですよね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ