離婚を後悔する日も、あなたにとって大切な1日

rikonnwokoukaisuruhi

ふとしたことがきっかけで離婚への後悔に苦しむことが、私にはたびたびありました。

自分の判断で離婚したのに。

周囲の反対も押し切ったのに。

それなのに、なんで後悔なんてしてしまうんだろう?

離婚を後悔することは辛いことです。

でも、それが自分を再構築するために必要なことだったら、どうでしょう。

私は離婚の後悔を掘り下げたことで、今まで気付くことが出来なかった自分を知ることが出来ました。

あなたはどんなことがきっかけで、離婚を後悔しますか?私はこんな時。

Sponsored Link

離婚への後悔って、ふとしたことがきっかけで心を埋め尽くすことがあります。

私の場合、友達の出産や家の購入など。

円満な家庭や順調な人生を前にすると、心に苦いものが広がりました。

当時は「離婚を後悔すること」自体が負け組のような気がして、必死でその辛さを紛らわしたものです。

でも私が、それまでで最も離婚を後悔した日、あることに気がついたんです。

それは、元夫の海外転勤が決まった時。

それも行き先は、私がいつか住みたいと憧れていた、ニューヨークだと知った時です。

「どうして?あのまま我慢してたら、ニューヨークで住めたの?」

住む場所は、マンハッタン。

一か月の家賃が数十万円もする家に住むと聞き、私の心は悔しさでいっぱいになりました。

でも同時に思ったのです。

「私はなんて強欲なんだろう。」

「なぜ競争心ばかりなんだろう。」

「リッチな暮らしが出来たのなら、ガマンして結婚生活を続けていたのだろうか?だとしたら、結婚を何だと思っているんだろう。」

そして後悔によって自分の歪みを見つけた時、離婚を後悔する気持ちも悔しい気持ちも、消え去っていったのです。

離婚への後悔は、自分の歪みや執着心を見つけるチャンス

Sponsored Link

私の中に見つけた、歪んだ欲望や執着心。

これらは、今までの人生で私の判断を誤らせたり、人を傷つけたりする原因になっていました。

よくよく思い起こすと、私の行動はいつも

「人に勝ちたい。」

「有利になりたい。」

「楽をしたい。」

「羨ましがられたい。」

こんな歪んだ欲求をモチベーションにして行われていました。

勉強も、就職も、結婚も、出産も、育児すらもです。

何てさもしい人生でしょうか。

こんな欲求に従って人生を突き進めば、次々に問題にぶつかることは目に見えています。

離婚の後悔は、私にそれを気付かせてくれました。

自分の、こんなにも汚い部分に目を向けることは、とても辛いことです。

でもより良い人生を築くためには、どうしても避けては通れないことですよね。

だから、シングルマザーとして必死にがんばる日は、もちろん素晴らしい日。

だけど離婚を後悔して辛い思いをする日も、私にとっては花マルをあげたい日なのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ