元夫と私。離婚して5年、ようやく別々の道へ

motootto

元夫との関係って、みなさんどんなものなのでしょうか。

まだ憎み合っている方、反対に友達のような関係の方もいるかもしれません。

私は最近、元夫と私が完全に別の道を歩み始めたな・・と感じています。

離婚から約5年たって、ようやくです。

離婚しても、自分の未熟さを埋めるために、互いに相手を必要としてしまっていたからです。

元夫と私の課題が重なっていた時

Sponsored Link

私たちの離婚の原因は、元夫の家族の宗教活動です。

義理家族は家族の不和を解決するために、あるカルト教に入信したのでした。

義理の母は不安定な方で、昔から精神的な病を患っていたそうです(結婚前は知らなかったのですが)。

狂言自殺や義理父への暴言なども酷かったのですが、元夫の家族の主張では、それは全て「義理父のせい」でした。

私の目からは、何でも受け入れてくれる優しい義理父に見えたのですが、私には分からない不満があったのでしょうか。

「義理父を変えるための宗教活動が必要」なんだということでした。

元夫は義理父に不満を抱えた母に育てられたので、「男は女性のために身を捧げて生きるべき」という思い込みを刷り込まれていました。

だから元夫は、義理母のために何でもしようとしたのです。

一方で私には、「私は正しい。だから私は常に勝つべき。」という思い込みがあり、そんな元夫が不満でした。

私も引かないし、元夫も引かないし、義理母も引かない。

みんな我が強すぎて、結局離婚してしまったのです。

でも離婚しても、人としての未熟さは変わりません。

元夫には「献身する相手」が、私には「勝つ相手」が必要でした。

だからお互いに恨みや悔しいという感情が消えなかったのです。

元夫と私の人生が別々になる時

Sponsored Link

つい先日、元夫から「彼女が出来た」というメールがありました。

その中には、「その彼女が子供に会うことを絶対に許せないと言っているから、子供にはなかなか会えなくなる」という一文も添えられていました。

それを読んでも、私は特に何の感情も起こりませんでした。

ただ、「あぁ、この人はまた献身する相手を見つけたんだ」という感想だけが心に浮かんで、ようやく私が元夫と義理母との綱の引き合いから解放されたことに気付いたのでした。

私がまだ「勝ちたい。負けたくない」とこだわっていたら、元夫が送ってきたメールに恨みや非難したい気持ちが湧き上がってきたと思います。

「なに考えてんの?子供の気持ち考えたことある?」とか、

「彼女の言いなりになってて、いいわけ?」とか

家族は憤ってそう言ってくれましたが、自分には元夫をもう必要としていないことがはっきりして、「彼の好きにすればいい」と思えました。

子供の気持ちを考えると不憫にはなりますが、子供の心を傷つけないような言い訳は、幾らでもできます。

元夫には元夫の、私には私の道

離婚してしばらくして、ようやく別々の道で課題に向き合う日が訪れました。

Sponsored Link

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ