離婚という名の転機。これからは、苦しい生き方止めてみませんか

rikonnkurusii

離婚は、人生が崩壊したかのような苦しみが伴います。

でもだからこそ、「今までの生き方を変える転機」でもあるのです。

今まで「苦しい、辛い」と思いながら手放せなかった生き癖があれば、それを手放すチャンスですよ。

離婚という転機に、あなたの苦しい生き方を手放してみませんか

Sponsored Link

夫婦って、人間関係の中で最も難しい間柄だと思います。

夫婦は、親子や家族のようにあらかじめ決められたものではなく、自分で選んだものです。

夫婦は、友達や会社の上司同僚のように、適度な距離を取ることができません。

夫婦は、気持ちや欲求を受け入れ合うものです。

自分の責任で選び、ごまかしや逃げることをせず、正面から向き合わなければいけないのが夫婦。

だからこそ、「自分がどれだけ成熟出来ているか」は夫婦関係が上手くいくかどうかを大きく左右するのです。

それが離婚という形で破たんしたということは、「あなたに未熟な点がある」ことを示しています。

今まで生きてきて、「苦しい、辛い」と感じることは多くありませんでしたか?

職場でも友達とでも、家族とでも、「苦しい、辛い」と思うことがあっても、目をそらして生き続けることが出来てしまいます。

だけど、あなたの未熟さを「離婚」という形でつきつけられてしまったのなら。

目をそらし続けた自分自身の「苦しい生き癖」を、手放すチャンスなのです。

生き癖をきれいにしないと、人生の苦しいことは消えません

Sponsored Link

離婚は、せっかく人生をやり直すチャンスなのです。

でも「心機一転」と積極的に行動しようとしても、私たちの生き癖が離婚前と同じままだったら、同じような人生の繰り返し

例えば窓ガラスを拭く時、汚れたタオルで幾らこすっても、窓ガラスは汚れるばかりです。

人の生き方を「汚れたタオル」に例えてしまうのは言い過ぎだけど、「望ましくないものがこびりついたまま動いても、望ましくない結果になるだけ」というのは想像がつきますよね。

離婚後は、「とにかく目に見える幸せを!」と、がむしゃらになりがちです。

確かに、何もせずにふさぎ込んでいるよりも、動く気力を持つことはいいこと。

だけどその前に、自分の心を見つめ、考え方や感じ方を棚おろしし、「良くないなぁ」と思う生き癖を修正することが出来たら。

その後の行動は以前のままのあなたよりも、何倍も大きな幸せを運んできてくれるのです。

離婚というチャンスに、あなたの目をそらしたくなる部分に目を向け、苦しい生き方を手放してみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ