「こんなことで離婚の辛さから立ち直って、たまるか!」を止める

辛い離婚の経験から立ち直り、「また幸せを感じられる」ようになるためには、

ものすごく大きな幸せ

劇的な変化

が訪れないと「無理!」なような気がしてしまいます。

でも本当は、すでにある小さな幸せに気付くことが一番の近道。

例えばいま苦しみの渦中にいたとしても、たった一杯のコーヒーを味わうことから、立ち直りの道を始めることが出来るのです。

それでもそれを許さないのは

「こんなことで立ち直ってたまるか!」

という、自分自身の意地だったりします。

離婚という「マイナス」を打ち消すためには、大きな幸せが必要?

Sponsored Link

人間はどん底にいる時ほど、途方もなく大きな幸せを夢見るのは、なぜでしょうか?

私は、自分が離婚して「辛い、苦しい、最悪・・」な状況の時

元夫より素敵な人と再婚して、前より素敵な暮らしをしてやる!

仕事でも大成功してやる!

そんなことより宝くじでもあたらんかな!?

と、「一発逆転」のストーリーを描き続けていました。

自分の経験した「離婚という不幸」は、それを打ち消すくらいの大きな幸せが訪れないと

「私はもう幸せになれない」

と思い込んでいたんですね。

でもそんな都合のよい「ラッキー」は訪れることもなく。

毎日相変わらずの「どん底」生活でした。

でも今思えば、住む家もあり、自分も家族も健康で、食べるものにも困らない。

そんな幸せを既に「持っていた」のに

期待する幸せが「ない」「ない」「ない」と・・

ただ受け取る幸福の「選り好み」をして、自分で「幸せになるのを断っていた」のです。

小さな幸せを手っ取り早く受け取る「勇気」で、今すぐ幸せを感じよう

Sponsored Link

私たちはどうしても、自分が欲しいものを「期待」して、それを手に入れることだけを「幸福」と思いがちです。

でも、どんなに自分にとって些細なことだとしても

喜ぶこと、ほっとすること、嬉しいこと、気持ちのよいこと、楽しいこと・・

全部「幸福」なんです。

だから本当は、

あったかいお風呂に浸かっただけで

ビールを一口飲んだだけで

コーヒーの香りをかいだだけで

子供のほっぺをさわるだけで

簡単に幸せになれてしまいます。

ただそれを自分が「許せない」だけなのです。

それは心の中に

「こんな酷い目にあったのに、そんなに簡単に幸せになってたまるか!」

という意地があったり

こんなことで満足してたら、大きな幸せを取り逃がしてしまうかもしれない

という焦りや不安があったりするからです。

もう勇気を出して、どんなに小さすぎて不本意だと思っても、周りにすでにある「幸せ」を受け取ってしまいましょう。

それをしたからって、大きな幸せは逃げないから、大丈夫。

焦らなくても大丈夫、なのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ