「離婚なんかした自分はダメだ。人生の終わりだ」と思っているあなたへ

離婚したことを受け入れられなくて、自分を責めてばかりいませんか。

確かに離婚は、人生における失敗の一つかもしれません。

でもあなたは、離婚しても何があっても、絶対に「ダメ」ではないのです。

離婚した自分にマルをつけてあげても、いいんですよ。

離婚は人生の失敗・・かもしれない。でもあなたには、そんなことで損なわれない価値がある

Sponsored Link

テレビで「カラオケバトル」を観ました。

プロアマの歌手や歌自慢が、カラオケ採点機の点数を競うバトルです。

みんなすごく歌が上手で、聴いていて心を揺さぶられることもあるほど。

でも「観客がどう感じたか」は採点基準にはなりません。

だから、すごく感動的な歌をうたっても負けてしまうことも・・

「歌手・歌い手としての価値」というよりも「機械にどう判断されるか」が勝ち負けの基準だから、しょうがないですね。

それでもおかしなことに、負けると皆さん、涙を流してものすごく悔しがられます。

負けても、歌手としては素晴らしいのに。

勝っても、歌手として魅力が高くなるわけではないのに。

不思議ではないでしょうか・・?

そしてこれを観ていて、思ったのです。

過去の私も含めて「離婚で悩んでいる人」「離婚して絶望している人」にそっくりだなぁと。

離婚して、自分の価値が否定されたように感じる。

離婚するような自分は、ダメだと感じる。

離婚するような人間は、ダメ人間だ

本当は、あなたの価値は「離婚」という出来事で下がることは無いのに・・

機械の採点で歌手としての価値を出そうとするように、

出来事や持っているもので、自分の価値を出そうとしているのです。

あなたの世界に光をあてるスイッチは、すぐそばにある。気付くか気付かないか。入れる気があるのか無いのか。それだけです。

Sponsored Link

離婚に限らず・・

失恋、失業、彼氏が出来ないこと。

結婚できないこと。子供ができないこと。

人間関係に恵まれないこと。

お金がないこと。

全部ぜんぶ。

それらの悩みや問題は、あなた自身が

ダメである

価値が無い

無能だ

魅力が無い

ということを示している訳ではありません

でもそもそもの自分に「自信が無い」から外側の出来事や持っている物で、自分の価値を測ろうとしてしまうのです。

だから何かマイナスの出来事が起きたり、何かを失ったりすれば・・

あなたの自信という光は点いたり消えたりしてしまう。

まるで誰かに、リモコンで操作されているかのようです。

でも本当は、あなたは自分で「自信」という光のスイッチを入れることが出来ます。

それはあなたが自分自身で、

離婚しても、失業しても、失恋しても、家族が不仲でも・・

それでも私は価値があるんだ!

決めるかどうかです。

問題はそのことに「気づけるか」。

自信が外からもたらされると思っているうちは、気付くことは出来ません。

でも、もっと大きな問題は「自信は自分で決められる」と気付いたとして、それを実行するかどうか

「心に届く歌を歌えばいいんだ」と思っても、どうしても「機械の採点」へのこだわりを捨てられないように・・

「離婚という出来事」へのこだわりを失いたくない。

そんな風に「ある出来事に固執したい自分」がいる時もあります。

それでも今は、大丈夫。

「自分で暗闇から抜け出すことが出来る」

そのことだけは覚えておくと、ある日突然、光を点けてみたくなる時が来るのです。

Sponsored Link

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ