状況が変わらないのは「離婚という不幸」を手放すのが怖いから?

離婚してどん底の状態から何年も状況が変わらない時、

あなたは実は「幸せになりたくない」のかもしれません。

もしくは

幸せになるのが怖い・・

幸せになるのが申し訳ない・・

など、このままでいることが自分の望みに適っているのかもしれません。

そんな時、変化を止めているのはあなたの心なのです。

「離婚して辛い」のに・・このままでいることが「本当は幸せ」な私がいる

Sponsored Link

離婚して何年も経つのに。

努力もしているのに・・

苦しい気持ちや辛い気持ちから解放されない、という方がいるかもしれません。

そんな人にとってはキツく聞こえてしまうかもしれないけれど

「あなたは本当に幸せになりたいと思っているのでしょうか?」

それはつまり、

「離婚の苦しい思い出や、シングルマザーの辛さや、不安な毎日から本当に解放されたいと思っているのか」

ということ。

「今すぐに全ての心配事や不安が無くなって、完全にハッピーな状態を受け入れられるのか」

ということです。

この問いへ「Yes.」と答えることにためらいがある時

自分を責めること、罰することであなたは「自分の中の何かを明らかにしようとしている(=自分に気付かせようとしている)」ことに気付くことが出来ます。

自分を不幸にしてまで満たしたいものは何か?

Sponsored Link

自分を責めるために、罰するために今の「離婚の不幸」を握りしめているとして、そうまでしてあなたが気付きたいことは何なのでしょうか?

それは「あなたの生きてきた人生」によって違うのですが、もしかしたら

離婚にまつわる罪悪感

離婚した自分をダメだと思う気持ち

など「離婚したせいで生まれた自己否定感」かもしれません。

でももっと昔から抱える、

自分はダメな子だ

誰にも大事にされない

孤独だ

何ひとつ達成できない

という蓄積された思いが、あなたの不幸を長引かせているのかもしれないのです。

いずれにせよ「離婚という出来事」で明らかにされたあなたの「あなたに対する本当の気持ち」

これを解決することが、わだかまりの無いクリアな人生には必要なことなのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ