不幸体質からの脱却。「もう幸せしか受け取らない」とあなたが決める

「人生に不幸な出来事ばかり呼んでしまう」

そんな不幸体質というものが、本当に存在すると思います。

それは、私こそが不幸体質の人間だったから。

その頃は、悲劇ばかり立て続けに起こるし、周囲の人も巻き込んで不幸を呼んでいたものです・・

でも今は。

不幸を卒業して幸せしか受け取らないと決めています。

今あなたがどんなに「自分は不幸だ。幸せにはなれない。」と思っているとしても、

この先に自分で経験することは自分で選ぶことが出来るのです。

人はどのようにして「不幸体質」になるのか

Sponsored Link

人生に、あらゆる困難と不幸を呼ぶ人。

「不幸体質」

これはどんな人かと言えば、一言で「否定のかたまり」の人でしょう。

自分はダメな人間だ。幸せになる資格はない。という自己否定

こんなお前はダメだ。もっとしっかりしろ!と周囲の人も否定

お金がない。仕事もつまらない。と環境も否定

もっと〇〇にならないと!もっと頑張らないと!と現実も否定

否定は否定を呼んで、否定したくなるような状況は続くばかり。

そして辛くなると、家族や友達を攻撃して周囲まで不幸にしていく。

私は昔(特に離婚の前後)は本当にこんな人間で、否定のかたまりでした。

それでも「不幸な状況が続くのは自分のせい」だとなかなか気づけない・・

それは、不幸体質の人間のもう一つの特徴である

悪いことは何でも「人のせい」

という考えが強かったからです。

不幸を呼ぶ人生を卒業して、幸せを招き入れるには

Sponsored Link

そんな「不幸体質」を止めるためには「否定を止めること」

これしかありません。

特に必要なのは「自己否定」を止め自分を受け入れること

自分のことが認められないまま、現実や環境を受け入れようとすると、そこには無理が生じ、自分への嘘が生まれ・・

恨みや怒りに繋がっていくからです。

だから。

どんなに自分がダメに思えても、酷いトラウマがあっても、両親から褒めてもらったことが無くても

まず、あなただけはあなたを受け入れてあげてください。

それが出来るようになれば、周囲の人や環境も、努力しなくても自然と受け入れられるようになります。

自分を認めることは、全ての幸せにつながる道なのです。

不幸体質は遺伝する?だからこそ、今。不幸を止める決心を

いま自分のことを「不幸体質だ」と感じている人の多くが、俗にいう「毒親」に育てられたのかもしれません。

・・私も長い間、両親に対する恨みや憎しみを消化できずに生きていました。

でも葛藤を経た今、両親に対して思うのは

「彼らもまた、自分を受け入れることが出来ずにもがいていたんだなぁ・・」

ということ。

つい、親を責めてしまうけれど、ただ単に

「自分を愛することが出来ない両親」だったから

子供に「自分を大切にすることの大切さ」を伝えられなかった

それだけのことなのです。

で、大切なのは親がどうだったかではなく、「それを知ったあなたが、これからどうするか」

同じように、あなたの子供にも、自分を愛せない辛さを伝えていくのか・・

それとも自分を愛して簡単に幸せになれる方法を教えるのか。

あなたが決めることが出来るのです。

私はもう決めました。

自分を大切にして、幸せしか受け取らない人生を選んでいます!

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ