クリスマスが辛いあなたへ。シングルマザー親子の幸せな過ごし方

chrstmas

シングルマザーにとって、クリスマスは少々辛いものです。

お子さんにとっても、パパがいないことを思い出させてしまう寂しいイベントかもしれません。

家族で買い物を楽しんでいる人を見ては、にぎやかな時間を過ごせることを羨んだり。

レストランで食事をするカップルを見ては、「私も昔は幸せだったのに・・」と自分を憐れんだり。

でももう、人を羨んだり自分を憐れんだりしてクリスマスを過ごすのは、止めにしましょう。

シングルマザーの家庭に幸せをもたらすのは、どんな出来事もしっかりと受け止め、そこから前を向こうとする姿勢です。

あなたが覚悟あるシングルマザーなら、クリスマスの辛さも寂しさも、目をそらすのは止めにしませんか?

Sponsored Link

よその家族をみて羨んだり、自分を憐れんだりしてしまうのは、どうしてでしょうか。

それは、あなたがまだ自分の境遇を受け入れられていないからかもしれません。

シングルマザーになったのは、元夫のせいだと恨んでいませんか?

苦労しているのは、元夫のせいだと思っていませんか?

子供さえいなければ、私は自由なのにと、心の底では思っていませんか・・?

私は不運だと、思っていませんか?

自分の人生を、運や誰かの責任にすると、自分に与えられていないものや足りないものばかりに目が向いてしまいます。

ここに書かれていることは、厳しいかもしれません。

でもあなたが今辛いなら、それは自分の人生を自分の責任で生きる時が来たということ。

だからもしかしたら今の辛い現実は、神様からのクリスマスプレゼントかもしれません。

勇気を出してシングルマザーになったあなたに、もっと強い人間になるための、愛のあるプレゼントです。

寂しい気持ち、辛い気持ち、不安な気持ち。

目をそらさずに受け入れることが、幸せにつながるのです。

寂しい気持ちも辛い気持ちも「ガマンしなくて良い」と言ってあげることが、子供へのクリスマスプレゼント

Sponsored Link

そして子供も同様に、クリスマスは寂しさに耐える日ではありません。

「サンタさんなんていない。」

「キリスト教徒じゃないんだから、クリスマスなんて祝う必要ない。」

こんな風にクリスマスを否定して、

寂しい気持ちや辛い気持ちに目を向けないこと。

自分を守るために、他を否定すること。

こんな孤独を学ぶ日ではないのです。

子供へは、クリスマスは我慢をさせないでください。

寂しい思いも辛い思いも、はきだすこと。

お母さんがそれを受け止めてくれること。

こんな安心感を与えることが何よりのクリスマスプレゼントです。

お母さんが全てを受け入れてくれるということが、子供にとって一番の幸せなのです。

Sponsored Link

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ