元夫から子供へのクリスマスプレゼント。突き返す?受け取る?

present

もうすぐクリスマス。

あなたの家庭では、元夫だった方から子供へのクリスマスプレゼントはありますか?

「憎らしい元夫からのプレゼントなんて、子供に渡せない!」と突き返す方もいるかもしれません。

あなたの感情を大切にするならそれも正解だけど、子供のためを思うとそれって本当に正しいでしょうか。

クリスマスは何のための日?

Sponsored Link

キリスト教を信仰していない方にとっては、クリスマスは冬のイベントとして以外に特別な意味を持ちません。

それでも子供にプレゼントをあげるのは、クリスマスを「子供へ愛情を示す機会」として捉えているからです。

そして、子供自身もクリスマスには親からの愛情を受けたいと思っています。

あなたも、彼がクリスマスの予定を何も聞いてくれなかったら「私って大切にされていないのかも・・。」と思ってしまいませんか。

それと同じように子供も考えるのです。

そして、子供へ注がれる愛情は、多ければ多いほど子供にとって良いのです。

子供の逃げ場は多ければ多いほど良い

子供は成長するに従い、壁にぶつかる場面がどんどん増えます。

進路・友達との関係・異性との交際など、子供は初めて抱える悩みに、一人では対応できません。

相談相手や気分転換の相手として関わる大人がどれくらいいるかどうかが、悩みをスムーズに乗り越えられるかどうかに関わってきます。

お母さんであるあなたが一番近くで見守っているとしても、お母さんの意見に納得できないときや、どうしてもお母さんに言いたくないこともあるでしょう。

そんな時、お母さん以外で子供が最も頼りに出来る存在は他でもない元夫になるのです。

あなたにとって元夫が信用するに足りない人でも、立派に社会に出て働いている人だったら、違った視点で子供の助けになることは出来るはずです。

「お父さんはいつも子供のことを思っている」と伝えてあげて

Sponsored Link

とはいえ、いつも一緒にいないと子供もお父さんの愛情を感じることは、なかなか難しいでしょう。

「お父さんは自分のことを気にかけているだろうか。」と疑っている子供もいるかもしれません。

だからこそ、子供が安心するように、クリスマスの機会にお父さんからのプレゼントを渡してあげて欲しいのです。

プレゼントが子供の気に入るものだったら、なおさら子供は喜ぶでしょう。

「離れているのに、欲しいものが何か分かってくれるんだ。」と。

だから、あなたから元夫へプレゼント候補のアドバイスをする位であってほしいのです。

いつも「子供の最善の利益」を考えて

判断に迷ったときは、ぜひ「子供にとってベストな判断は何か」を考えてください。

それは、あなたが「感情的にどうしても嫌だ」と思うときほど、必要なことです。

たとえば「子供を元夫に会せるかどうか。」「運動会に呼んであげるかどうか。」

あなたが「嫌だ」と思うことほど、子供にとっては影響の大きい場面であるはずです。

元夫はプレゼントなんてくれません

「元夫はプレゼントをくれるような人では無い」という方も、多く見えると思います。

ましてや、慰謝料をもらえない方もいます。

そういった家庭では、お母さんがより一層の愛情を込めてプレゼントを渡してあげましょう。

クリスマスと誕生日だけは、子供に寂しい思いをさせてはいけません。

< 元夫と子供との交流に関わる記事 >

「千秋とココリコ遠藤の奇妙な関係。千秋の心理、理解できる?」

「子供と元夫の面会。子供へとってはいけない3つの態度」

「いじめ、不登校。シングルマザーだからこその悩み」

「離婚で子供が受けた傷は父親との面会で最小限に。賢い母の選択は?」

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ