毒母の娘のわたしも、「毒母予備軍」という自覚

子供の人生を支配して苦しみを与える母親を「毒母」といいます。

この定義に従えば、私自身が毒母に苦しめられていたのですが、その支配を脱した今は

「私が娘の毒母になってしまうかもしれない」

という危機感があります。

毒母育ちの娘の私が、恐れること

Sponsored Link

子供の人生を支配する母親を「毒母」と言います。

「子供の人生を支配」というと大げさに聞こえてしまいますが、些細なことで子供はお母さんの言いなりになってしまうもの。

お母さんの不機嫌な顔

お母さんからの理不尽な叱責

言うことを聞く時だけ、怒らない・イライラしないでいてくれる

母親が自分の感情をコントロールしようとせず、むき出しにして子供と接していれば、子供は簡単にお母さんの顔色を見るようになるのです。

その積み重ねが、「人生の支配」へつながっていきます。

さて私も、実母からの上記のような態度に長年支配され、ようやくそこから脱しつつあるのですが、ある時気付いて動揺したことがあります。

それは、「毒母に苦しめられた私自身が、娘の毒母になりつつある」ということです。

娘に対して平気で見せる不機嫌な顔

理不尽に娘に課す私のルール

娘が言うことを聞かない時の苛立った態度

あんなにされて嫌だったことを、娘に対して無自覚にしていた自分がいました。

私は「毒母予備軍」と自覚して、娘を守りたい

Sponsored Link

人の顔色をみることに慣れてしまっていた私は、長年

「こうなくてはならない。」

「こうすべき。」

に縛られて生きてきました。

また、他人へも「こうあるべき」を押し付ける傾向がありました。

でもそれを自覚し生き方が変わり始めた今では、自分や他人に対しては自由に生きられるようになったのです。

でもなぜか子供に対してだけは。

なぜか未熟な自分が出てきてしまいます。

自分のいう通りにさせたい。

完璧でいてほしい。

問題を起こさないでほしい。

その欲求がコントロール出来ずに、娘を支配しようとしてしまうのです。

毒母の娘として育ち、自分の価値観を取り戻した私にとって、私のこれからの闘いは「娘の毒母にならないようにすること」です。

そのために私が今していることは、「娘を監視しない」こと。

無意識でいると、いつでも娘の行動をジャッジしようとする自分がいます。

娘を監視せず、「娘を監視しようとする私を監視」することで、娘との距離を適切に保とうとしています。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ