こんなに頑張ってるのに・・「良いシングルマザー」のあなたが幸せになれない理由

シングルマザーだし、一人親だし、

「ちゃんとしなきゃ」

「立派に子育てしなきゃ」

「良いシングルマザーでいなければ」

と思ってしまう心の底には

離婚した自分への否定

離婚したことへの後ろめたさ

子供への罪悪感

が隠れていたりします。

そして「頑張ること」で罪を償おうとしている。

だから頑張っても頑張っても、あなたは幸せを感じることが出来ないのですね。

でも誰も許してはくれません。

あなたが自分を責めるのを止めて、自分を許すしかないんですよ。

一人親として「頑張ること」を要求しているのは誰でもなく「私自身」

Sponsored Link

世の中には、シングルマザーへの偏見が溢れていますね。

少しでも子育てに手抜きをすれば

「これだから一人親は・・」

なんて言われるように感じてしまう

仕事やPTA、地域の役割なども、断ったり誰かを頼ったりしたら

「シングルマザーだからって甘えてる」

と陰口叩かれるに違いない

こんなに頑張ってるのに。

こんなに一人で頑張ってるのに。

誰も認めてくれない・・

それは、あなたが

離婚したこと

シングルマザーであること

子供を一人親にしたこと

恥ずかしく思い、罪に感じ、責めて、受け入れていないからです。

で、自分はそんな自分を許したくないから、頑張ることで「誰かに」許してもらおうとしている。

でも誰も許してくれないので、あなたの「自分を責める」という戦いは、終わらないのです。

本当は誰もあなたを責めていない・・本当はあなたに「罪」はない

Sponsored Link

誰もあなたを許してくれないのは、あなたを許したくないからではありません。

そもそも誰も、あなたを責めていないからです。

そしてそれはそもそも、あなたには何の罪もないからです。

でも離婚をして子供を傷つけた・・

元夫に恨まれてる・・

私が離婚の原因だった・・

「自分が悪い」理由は幾つでもあげられるかもしれませんが・・

それはあなたが自分を責めたいから

「離婚したこと」や「シングルマザーであること」を受け入れられないから。

だから幸せになりたいのなら、

離婚してしまった、シングルマザーになってしまった自分

を受け入れてあげましょう。

そして「誰かに許してもらうための頑張り」を止めにしてあげましょう。

誰に認められなくても許されなくても、自分が自分を許しさえすれば、あなたは自分で自分を縛っていた

「離婚の罪」

から解放されることが出来るのです。

反対に自分で許さない限りは、誰に許してもらっても、終わりはないのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ