戦略的恋愛論による「彼氏になかなか会えない」方が有利という説

kareniaenaisennryakuteki

彼が忙しかったり、あなたが忙しかったり。

または生活時間に違いがあったりで、彼氏になかなか会えないという悩みを抱えているかもしれません。

会えないと彼に忘れられたり、心変わりされたりする不安があるからでしょうか?

でも、恋愛を戦略的に考えると、「なかなか会えない」ことこそが彼の浮気願望を抑え「あなたに夢中」にするのに効果的なのです!

「なかなか会えない」からあなたは彼氏の理想の女性でいられる

Sponsored Link

私たちは「会う頻度が高いこと」が愛情を深くすると誤解しがちです。

だけど「たくさん会える」ことで、かえって彼の中のあなたの地位を下げることにもつながることも。

例えば高級食材キャビアも、獲れる量が少ないから高級なのであって、海に行けばいつでも獲れるのなら価値は下がるでしょう。

それでも「あり得ないくらいおいしい」なら続けて食べたいですが、味もそんなにおいしくなければ食べる気は失せます。

つまりあなたも「好きな時にいつでも会える普通の女」だったら、彼にとって「会いたい女性」では無くなるわけです。

確かにもしいつでも会えても、あなたが「最高の女」なら彼も満足。

でも、あなたならもっと上を目指すことが出来ます。

それが、「なかなか会えない最高の女」です。

「そうは言っても、わたしは普通の女だし・・」と諦めてはいけません。

「なかなか会えない」からこそ、あなたは最高の女を演出することも、内実共に最高の女になることを実現することも可能なのです。

だから「会えない」ことは最高のチャンスなのですよ!

「会えない」時間が彼氏の中のあなたに関する嫌な記憶を消し、良い記憶を増幅させる

Sponsored Link

例えばたまに会うあなたの両親。

久しぶりに会った直後はいいけど、だんだん親の嫌な所が目についてきます。

「そういえば、こんな人だったな~」と思い出してきて・・。

ずっと一緒にいると嫌な所しか目に入らなくなってきます。

つまり私たちには、「会わないうちは相手の嫌な部分を忘れて美化しているけど、ずっと一緒にいると悪い所ばかり目についてしまう」という特徴があるのです。

「彼に会えない」という悩みがある女性はこれを恋愛に応用し、「会えない時間」にあなたを思いっきり美化してもらうのです。

そのためには彼に会っている間、彼に嫌な思いをさせることを極力避け、彼が「心地よい」と感じることを出来るだけたくさん提供することが必要です。

また会っていない時間のメールや電話などでは、「しつこい」「重い」などのイメージを与えないようにするために、彼の連絡頻度に合わせた楽し気なやりとりを心がけるようにしましょう。

「会えば必ず良い時間が過ごせる」→「会えない時間に美化する」→「やっぱり良い時間が過ごせる」

これを繰り返せば、彼の脳に「あなたは最高に良い女」の刷り込みをすることが出来ます。

浮気にも効く!なかなか会えないけど俺だけの理想の女

こうやって距離を使って「理想の女」のイメージを植え付けることは、彼の浮気対策にも効果的です。

彼が身近な女性と浮気しそうになっても(もしくは浮気してしまっても)、身近なその女性はどんどん彼に自分の嫌な面を見せることになります。

そうすると先述の自分の親に感じる感情のように、彼も浮気相手を美化することが出来なくなります。

そんな時思い出すのが、「理想の女」のあなた。

身近にいる浮気相手よりも、格段に良い女(だと感じている)あなたを思い出すと、浮気する気も無くなっていきます。

実体も「理想の女」に近づけることを忘れずに!

このように「会えないこと」は彼のあなたに対するイメージを美化することに役立ちますが、あなたの内面の成長が伴わなければ、例えば結婚した後に悲劇が待っています。

「こんな女じゃなかった」と言われないように、彼と会わない自分の時間を使って「理想の女性」のイメージに自分を近づける努力を忘れないようにしましょうね!


「戦略的」とは、あらゆる物事をあらかじめ想定し、冷静に振る舞うことを指します。

「なかなか会えない」という一見な不利な状況も、そのように冷静に考えると幾らでもあなたの有利な方向へ持っていけるのです。

感情的になりやすい恋愛だからこそ、感情に負けず状況を活かせば、必ずその恋愛を勝ち取ることが出来るということです!

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ