再婚は子供のため?「兄弟を欲しがるから」って本心ですか

saikonnhakodomonotame

「恋愛したい、再婚したい!」と思うのは、人間なら自然なことかもしれません。

喜びを分かち合う人がいると、人生はもっと幸せになりますもんね。

でもこの言い訳に、こんなことを言っていませんか?

子供が兄弟を欲しがるから

でも本当は自分が再婚したいんじゃないですか?

「再婚は子供のため」なんて言い訳すると、あなたは誤解されてしまいます

Sponsored Link

某バツイチ子持ちタレントの方が、熱愛発覚の際こう言いました。

「再婚は焦ってません。でも、子供が兄弟を欲しがるから」

この言葉を素直に解釈すると「自分は再婚したいと思っていないが、子供が望むから再婚をしたい」ということ。

でもこれを聞いて、多くの人が思ったことでしょう。

「ほんとは自分がしたいんだろ!」と。

そしてこう聞かれたら、ぐうの音も出ません。

「子供が望んだら再婚しようとするのに、子供が離婚を望まなくても離婚はするの?」

本当にそうですね。

ある時は子供の幸せを最優先。

またある時は自分の幸せを最優先。

自分が再婚したい言い訳に子どもを使うと、あなたはこんな風に「自分の都合によって子供を利用する」ご都合主義者であるかのように誤解されてしまいます

では何のメリットも無さそうなのに、こんな言い訳をしてしまうのは何故でしょうか。

こんな言い訳してしまうのは罪悪感があるから?言い訳がチャンスを逃す原因に!

Sponsored Link

上記のように、「子供が兄弟を・・」なんて言い訳しても、大抵の人が素直には受け取ってくれません。

にも関わらず「子どものため」と言い訳したくなってしまうのは、再婚したいと思う自分を守りたいからかもしれません。

まだまだ子持ちのママが恋愛をすることに、不寛容な風潮。

「再婚するなんて子供が辛い目にあうんじゃない?」と、おせっかいなことを言う人もいます。

またあなたの心の中にも「再婚を望むこと」への罪悪感があるのかもしれません。

こんな環境の中では、シングルマザーが「私は恋愛がしたい。結婚もしたい。」と口に出して言うのは、勇気のいることなのです。

だからつい自分の再婚願望を、「子どものため」と子供を思いやった結果にしてしまう。

でもこれ、本当に自分の願望を実現したいなら、もう止めた方がいいでしょう。

勇気を出して、自分の願望を「自分のため」と認めてみよう

先にも書いた通り、言い訳やごまかしは他人に誤解を受ける原因になります。

そしてその最大のデメリットは、「あなた自身が願望実現のチャンスを受けそこなってしまう」ことです。

例えば本当は「あなたが」食べたいカツ丼。

それなのに「子供が食べたいって言ってるから」と言い続けたら?

せっかく誰かがカツ丼を買ってきてくれても、それは一人前しかないかもしれません。

言い訳を続けるって、こういうこと。

みすみす実現の可能性を下げていることなのです。

だから、自分の心にある願望を言い訳で歪めるのは止めにしましょう。

もし言い訳や嘘を吐かなければいけないのだとしたら、一切口を閉ざして。

そして子供に対する罪悪感を消したいのならば、言い訳をするよりも「子供が幸せになれる」恋愛や再婚を目指す方が良いですね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ