「愛されるなんてどうでもいい」と思うと彼氏に愛される不思議

aisarerutokadoudemoii

私の実感ですが、

「愛されたい」と願っているときよりも、

「そんなのどうでもいいや!」と思える時の方が彼氏に優しくしてもらえます。

仕事でも育児でも同じ法則が当てはまるから、不思議ですよね。

彼氏も子供も、人間はみんな「条件なく愛されること」を望んでいる

Sponsored Link

「大切にされたい!」

「構ってほしい。」

「癒して欲しい!」

と思っている時は、その通りに動いてくれない・・。

なのに、「もう好きにしていいよ~!自分で勝手に幸せにやってるから!」という境地に至ると、自然と彼氏は近寄ってきます。

これは不思議なように感じますが、実にシンプルです。

それは、誰だって「ありのままの自分を愛されたい」と思っていて、それをしてくれる人が好きだいうこと。

反対に「あれをしてくれるから好き」とか、条件をつけられのはイヤだということ。

これに尽きると思うのです。

だから私たちが下心を失くし、「いてくれてるだけでいいのよ」と思って接していると、彼氏が私たちのことをもっと愛してしまうのは、当然です。

子供だって、困った行動を繰り返す「お試し行為」をしてしまうのは、お母さんの愛情が欲しいから。

お母さんが「子供の存在そのものを愛している」と伝えていれば、子供はお母さんを困らせるようなことはしないのです。

彼氏も子供も、どんな人でも、条件なく愛されて嬉しくない人は、いないのです。

「彼氏を条件なく愛する」ために、私がしたこと

Sponsored Link

でも、その「条件なく愛する」というのが、誰に対してもなかなか難しいものです。

彼氏でも子供でも、「ああしてほしい」「こうだったら」という期待を多かれ少なかれ抱いてしまいます。

それでも他人への期待を少しでも少なくするためには、まず「自分で自分を幸せにする」ように努力することです。

これも、スピリチュアルな話しではなく、単純なことですよね。

自分の中に満たされない気持ちがあると、どうしても誰かにそれを満たしてもらいたくなります。

彼氏にワガママを聞いてもらったり、子供にもっと「お利口さん」になるのを求めてしまいます。

だけど、自分に不満が無くて毎日楽しかったら、大抵のことが「まぁいいか」と思えるようになりませんか。

「彼氏から電話こないけど、まぁいいか。」

「子供がなかなか宿題やらないけど、もうちょっと待ってみようか。」

というように、目くじら立てて人を動かそうとしなくなります。

人がどう動いても、「まぁいいか。」

彼氏が何をしていても、「私が彼を愛してるなら、どっちでもいいか!」

そんな境地に至ることが出来れば、彼氏にとってあなたは最高に居心地の良い人になれるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ