統計的には「元夫は元妻より先に再婚する」らしい・・そんなの許せる!?

元夫が再婚することになっても、素直に祝福することは難しいですよね。

そもそも離婚の原因が元夫側にあるなら、なおさらです。

だって悪いのは元夫なのに、どうして私より先に幸せになるのが許されるのでしょうか?

・・そしてそんな風に「許せない」って思うことは、浅ましいことでしょうか。

元夫は再婚・・苦労するのは私だけ?と思ってしまう

Sponsored Link

少し前の統計になりますが、平成15~17年の再婚を分析した厚生労働省の調べによると、平成15年に離婚した人が3年以内に再婚した割合

男性 37.1%

女性 29.5%

だったそうです。

女性には再婚禁止期間があるため、男性よりも再婚が遅くなるのはしょうがないかもしれません。

でもその期間は、当時は6ヵ月(現在は100日に短縮)。

その期間が過ぎても、やはり女性の再婚率が男性の再婚率に追いつくことは無かったのです。

私の場合も、元夫の方が早く、すでに再婚しています。

離婚の原因は元夫の方にあったのに・・!です。

だから元夫が再婚すると聞いたときは、どうしてもモヤモヤしてしまった自分がいました。

それだけでなく、「私だけが苦労してる」という被害者意識まで。

そしてそんな自分を、「嫌だなぁ」と思っていました。

モヤモヤしてもいい!「~してしまう」自分を認める大切さ

Sponsored Link

当時の私は、「元夫が再婚する」という事実だけでも胸くそ悪かったものです。

でもそれ以上に私が嫌だったのは、

「元夫のせいで自分の感情が波立たされること」

だったのかもしれません。

元夫の再婚を知って、

モヤモヤする

イライラさせられる

辛い境遇を目の当たりにさせられる

ということは、まだ私が元夫との離婚から立ち直っていない証拠だからです。

当時私は、「もういい加減立ち直っているべき」だと思っていました。

それなのに、元夫にこだわり、「イライラしてしまう」自分を責めていたのです。

でも今思えば、

責める

モヤモヤする

イライラする

そう感じることを、自分に禁止する必要は無かったと思います。

「離婚から立ち直る」には、自分の感情に気づき、それを解放することがもっとも大切だと思うからです。

反対に自分が、どうしても元夫に負の感情を抱くことを認められない時。

あなたは一番離婚したことにこだわっているのかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ