話し合いが出来ない彼氏・・は実は素直になるのが怖いあなたの合わせ鏡だった?

彼に、「将来のこと、不満に思っていること、不安なこと」を聞いてもらいたいと思っても、はぐらかされたり逃げられたりすると、とっても辛いですよね。

自分が、間違った相手と一緒にいるような気持ちになってしまいます。

最悪の場合は自ら別れを選択してしまうことも。

でも、そんな彼への不満は、実は「自分の欠点や問題点を投影しているだけ」だったりします。

彼を変えようとしたり、別れようとする前に、振り返った方が良いかもしれません!

「話しを聞いてくれない彼」は私にとって都合が良い。なぜなら・・

Sponsored Link

私の昔話で恐縮ですが、大学生のころ付き合っていた彼のことです。

当時私は京都の大学に通っていましたが、就職を機に地元に帰る予定になっていました。

付き合っていた彼は生まれも育ちも大阪です。

彼がこれからどうしたいのか?

将来はどうなるの?

と私はものすごく不安でしたが・・

結局具体的に話し合うことが出来ないまま、遠距離になり、しばらくして別れることになってしまいました。

当時の彼は、「将来」とか「私の気持ち」といった、抽象的であやふやなものを話し合うのが、とっても苦手だったのです。

当然私の心の中は、

「なんで話をしてくれないの!!」

「私のことなんてどうでも良いの!?」

と彼への不満がいっぱい。

彼が悪いと思っていました。

一見すると、ありふれた遠距離恋愛の終わりです・・

ところがその後、他の男性とお付き合いしたり結婚生活の中でも、同じような状況や感情を何度も繰り返すことになります。

気付けば問題が起こると、まともな話し合いが出来ず、「あれ、また同じパターン・・?」

これはもしかして、私が悪いのかもしれない。

失敗を繰り返して、ようやく

「話し合いを避けたいのは自分だった」

と思い当たるようになりました。

素直な気持ちを伝えて、否定されたり拒絶されたりするのが怖かったので、彼が話し合いを避けてくれるのは私にとって好都合。

もしかしたら、「話し合いが出来ない状況」を意図的に作り出していたのかもしれません。

またそれより以前に「話し合いが出来ない」相手を、意図的に選んでいたのかもしれません・・

耳にタコが出来るくらい繰り返し言って肝に銘じたい「自分が変わらないと解決しない!」

Sponsored Link

「相手を変えたいなら、まずは自分が変わる」

というのは、手垢のついた表現です。

耳にしすぎて「またか」とも思ってしまいます。

でも全ての問題の本質は、ここにあるのではないでしょうか。

彼が「話し合いを出来ない」

なら、

「話しが出来るように、させられない」自分

にも、もしかすると原因が潜んでいるかもしれません。

これを解決しないうちに今の彼と別れてしまっても、また同じ問題に陥って同じ結果につながるだけ。

もちろん、彼氏の側に問題があることもありますよ。

でも、今あなたが自分の中に潜む問題点を克服できれば、今の彼とどうなったにしろ、将来同じ問題に陥ることは絶対にありません。

まずは自分自身が

「話し合いをしないことで得られるメリット」

を考えてみることが、状況を変えるカギです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ