幸せになるのに、再婚も努力も必要なかった・・どん底ゲームで神様が教えてくれたこと

離婚して自分の「今」が嫌で。

現状から抜け出したくてもがいていた時。

動けば動くほど、私は転落していきました。

でもいま思えば、それもそのはずですね。

あれは大切なことに気付くための「神様が体験させてくれたゲーム」だったからです。

そして私たちがそれに気付くまで、どん底は続いてしまうのです。

「自分を受け入れる」と覚悟出来るまで続く、どん底ゲーム

Sponsored Link

離婚して、辛くてしょうがなかった頃。

何とかして状況を変えようと、もがき、苦しみました。

再婚すればこの状況から抜け脱せるはず!

と、自分を磨いて相手を見つけようとするけれど・・

上手くいかず、「やっぱり私はダメなんだ」と、新しい苦しみが生まれただけ。

今までの私の生き方が悪かった・・もっといいお母さんになれば・・

と、これまでの自分を否定し、全く違う自分になろうとすると・・

心は疲れて、やり切れなくて、ますます塞ぎこむ。

あがいても、あがいても、結局何も変わらなかった。

それどころか、底へ落ちる一方でした。

ではどうすれば良かったのかというと?

本当は何の努力も必要なく、状況を変える必要もなかったのです。

ただ

自分が「今の」自分を受け入れること

これだけが、どん底から抜け出すために必要なことでした。

どん底から脱した今は、

あれは「自分を受け入れること」に気付くために、神様が仕掛けてくれたゲームだった

なんて、呑気に考えることも出来るけど・・

幼いころから

「もとのままの私ではダメなんだ。価値が無いんだ」

と思っていた私には、「どん底の自分を受け入れること」は大変難しいことだったのです。

だから落ちるところまで落ちるしか、無かったのですね。

あなたの抱える「無価値感」。もはや積み重ねることでは、修正できません。

Sponsored Link

いま「離婚してどん底にいる」というあなたは、自分のことをどのように感じているのでしょうか?

「離婚してしまった私はダメな人間だ」

「こんな私は幸せになる資格はない」

そんな風に、人間としての自分の価値を見失ってしまっては、いないでしょうか?

私も離婚して「そんな自分はダメだ」と自分を責めた一人でした。

そもそも私は、子供の頃からとても気が弱く、常に自分に自信がありませんでした。

それで、勉強を頑張り。

人に好かれるように努力もして、友達もたくさん作り。

良い企業に就職できるように、資格取得も努力して・・。

素の「ダメな自分」の上に努力を積み重ねて、ようやく人様に見せられる自分になれたのだと、思っていたのです。

だから離婚をして、自分の積み重ねたものが無くなった時。

私は「自分の価値」というものに自信がなくなりました。

もう一度自信を取り戻すためには、これまでのように「何か」を積み重ねるしかない。

だから「再婚」しようと相手を探したり、仕事をより一層がんばりました。

だけどこの、

「積み重ねる」ことで自信を持とうとする

のが、そもそもの間違い。

「離婚した自分でも、良い」

「みじめな自分でも、良い」

「素のままの、気弱な自分で良い」

そう気付くことに、どん底ゲームの意味はあるのです。

丸裸になって気づいた「今が幸せ」。離婚してても、失業してても、良かった

Sponsored Link

「離婚する自分で良い」

「そのままで良い」

だって、

今までずっと頑張ってきたのに、得たものは簡単に失われてしまった。

そして失ってしまえば、自分は弱い自分のままだった。

だから

「弱い自分のままで生きてみていい」

のです。

離婚して、失業もして、実家に帰ってしまったけど「それがなんだ」

子供が不登園だけど「それがどうした」

友達や、兄弟や、世間の「普通」と比べてしまうとみじめな時もあるけれど・・

それまで「自分を否定すること」「現状を変えること」に使っていたエネルギーをすべて、

「今のままの自分を肯定すること」

に費やしてみませんか。

それで「人生が良いことばかりになる」という、理屈も根拠も保証もありません。

だけど

「自分が今の自分を認める」

それだけで、あなたの中の何かは、必ず変わります

私のように身ぐるみはがされてしまう前に、試してみても損は無いのです。

そう。

遅かれ早かれ身ぐるみはがされるなら、自分でまとった「心の鎧」を自分で脱ぎ捨ててみても、良いのです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ