バツイチにして「病む恋愛」からの卒業・・腹をくくる、スタンスを決めるということ

連絡がない。

将来の話しをしてくれない。

彼が何を考えているか分からない。

イライラ、モヤモヤ、不安に飲み込まれてしまう。

私と同じように、離婚を経験している人にはそんな人は多いかもしれません。

でもそれは全部、相手のせいではなくて自分のスタンスが決まっていないせい。

自分が「どうあるか」さえ決めてしまえば、彼がどうしたところで手の平で転がしているようなものなのです。

「恋愛で病む」ひとは結婚も育児も仕事でも病みやすい

Sponsored Link

彼が連絡してくれない。

将来のことを話してくれない。

だからすごく不安で、別れた方がいいんだろうか・・?

他に好きな人がいるんだろうか?

という気持ち、よく解ります。

私も、彼の機嫌、出方、行動・・

一挙手一投足を観察しては、それに対して自分で意味づけし

勝手に落ち込んだり上がったりしていました。

そんな私も含め、そういう人の共通点は

外の出来事が私の安心や安全を左右する

と信じていること。

だから、自分が脅かされないように、怖い目に合わされないように、外の世界を見張っているのです。

そしてこういう人は、恋愛以外でもやることは一緒。

どんな人間関係においてでも、他人の言動で一喜一憂してしまう。

夫が・・

親が・・

子供が・・

上司が・・

身近な人間関係で、自分以外の誰かによって浮かんだり沈んだり。

そして疲れ果ててしまうのです。

ここから抜け出すには

「自分のスタンスを決める」

こと。

それは、「相手が何をしても、自分は大丈夫」と決めること。

もっと言ってしまえば「相手が自分の期待に沿うことを諦めること」です。

どんな事態も腹をくくって受け止める、覚悟です。

キャッチャーは構えて動かない。ただピッチャーを信じて待つのみ

Sponsored Link

「スタンスを決める」ということは、私の中では野球でいう「キャッチャー」をつとめることに似ています。

それも、どんな時も「ドンと構えて慌てない」キャッチャーです。

ピッチャーのノーコンにいちいち怯えない。

外野の野次に心を惑わされない。

「ここに投げて」とミットを構えるだけ。

恋愛で病みやすい人は、ピッチャーがどこに投げるか、不安で不安でたまらない。

約束しても、不安でミットを動かしてしまう。

また外野が言ったことにも不安になって、ミットを動かしてしまう。

そんな風にしてたら、無事にボールがミットに入ることなんてありません。

だから「ただ構える」だけで良いのです。

・・

ただし、ボールが当たれば痛いように、

スタンスを決めても、彼の言動で傷ついたり、辛くなったりすることはあります。

そうしたら、一時的にキャッチャーをおりても良いのです。

ピッチャーに、「もっと上手に投げて」と言っても良い。

で、気が向いたら、またキャッチャーに戻ればいい。

そんな楽なスタンスで、恋愛も

仕事も育児も楽しめば良いのです。

「病む」恋愛、生き方から、そろそろ卒業しましょ。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ