再婚したいのは・・愛されたいの?楽をしたいの?それとも安心したいの?

満たされない思いを抱えている時、人は手に入れられるものなら何でも手に入れたくなってしまうものです。

では、辛い、苦しい、不安な生活を送っている時・・

再婚したいのは何のため?

それを明確にすることが望みを叶えるためにまず必要なことです。

幸せ欠乏症の時の「再婚したい」に要注意

Sponsored Link

私は学校の行事やお出かけ先などで、仲の良さそうな家族を見ると

「いいなぁ」

と、再婚したくなります。

前はその「いいなぁ」に付随して嫉妬などのどす黒い感情が心の中で渦巻いたものですが・・

今ではあったかい気持ちで、ワクワクするような「いいなぁ」に変わっています。

そんな私の「再婚したい」は「家族としての幸せを広げるため」

娘と二人でも幸せ。

両親や兄弟とも楽しくやってる。

だけど大好きな彼と再婚して家族が大きくなったらもっと幸せかも!?

と感じているのです。

だけど先にも書いたように、

「いいなぁ。再婚したい・・」

どす黒い感情が渦巻いた時もありました。

その時は「自分だけが辛い」と思い現状が不満だらけ。

のしかかった重圧や先の見えない将来が不安で不安で・・

周りが幸せなのを「ズルい!許せない!」と思っていたのです。

そんな幸せ欠乏症の時の私の「再婚したい」は、

誰か私を愛して!

大切にして!

楽させて!

安心させて!

ばかり。

で、再婚していたら、幸せになれていたのでしょうか?

多分思ったような愛情も現実も手に出来なくて、また離婚していたんでしょうね~

幸せでお腹を満たしてから「何が欲しいか、どうなりたい」か考えよう

Sponsored Link

「誰か私を愛して!大切にして!楽させて!」

という時、人はお腹が空いてたまらない子供のように幸せを欲しているんだと思います。

お腹が空いてお腹が空いてどうしようもないから・・

何が食べたいのかを考えることも出来ずに、口の中に食べ物を放り込んでしまいます。

でも食べても食べても満たされない。

それはあなたが本当に求める栄養が含まれていないからです。

幸せ欠乏症の時は、自分の「愛して!満たして!」という欲求解消の手段を外の世界に求めないこと。

自分の必要なものが、自分で分かっていないからです。

その前にまずは、自分で自分を認め、愛し、満たしてあげる。

「その上で欲しいもの・したいこと」が「あなたをもっと幸せにしてくれること」なのです。

「やっぱり再婚したい」のだとしても、その願望の質は自分を満たす前と後では大違い。

待つ間に焦りが無くなり、その代わり待っている今から幸せでいっぱいになります。

もちろん

今が幸せだから再婚してもしなくてもどっちでもいいや!

というのもアリ。

大切なのは「何が自分を幸せにするか」を見極めることなのです。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ