本来の自分に戻れば「離婚しても幸せ」な自分になれる

離婚した元夫を見返そうと無我夢中で頑張り、気付くともっと泥沼な人生・・

ということはないですか?

私は頑張れば頑張るほど、どんどん不幸になっていきました。

「今までのやり方で頑張った先」には、幸せはなかったのです。

幸せになるには、反対方向に向いて頑張る必要があります。

頑張れば頑張るほど、遠ざかる幸せ

Sponsored Link

長い間、「真面目に頑張って努力した先に、成功や幸せや安心が待っている」と思っていました。

だから、離婚した後はこれまでよりも、もっと頑張った。

真面目に「世間から良いお母さん」と言われるように。

会社でも「シングルマザーだから」といって甘えず、頼られる存在であろう。

無駄遣いはせずに、将来のために備える!

としていたら・・

望んでいたような成功や幸せや安心があるかと思ったら、違っていました。

相変わらず不安がいっぱいで、職場でも結局迷惑ばかりかけているような気がしたし。

お母さんとしても、半人前で子供を不幸にしているような気がする・・

頑張ってるのに、こんなに頑張ってるのに!

・・それは、自分が「思い描いたあるべき姿」を「演じていた」だけだから

家でも会社でも

本当は辛い。

疲れてる。

こんな仕事は私の仕事じゃない。

子供の前で作り笑顔をしてストレスがたまる。

と思いながら、嘘の自分を演じることを頑張っていたから。

「幸せ」を感じるのは自分なのに、その自分の気持ちを偽る方向に頑張ったら、どれだけ頑張っても幸せを感じられるわけはありません。

「頑張る」方向を間違えていたのです。

これからは「自分の気持ちに従う」ことを頑張る

Sponsored Link

「良いお母さん」と言われるように、社会人として恥ずかしくないように、慕われる上司であるように・・

と頑張っていたら、確かに「良い人(そうな人)・人格者(ぽい人)」にはなることは出来ます。

でも良い人・人格者になったからって、幸せになれるわけではない

それは上にも書いた通り、

「幸せを感じるのは私。自分自身」

だからです。

どんなに理想の誰かを表面で演じても、感受性まではコントロールできません。

だから幸せになりたいなら、「幸せと感じる自分の感受性に従うこと」なのです。

そうすると周囲から

母親なのに

やっぱりシングルマザーだから・・

いい歳して

あの人はしっかりしていない

と非難されるかもしれません。

でも「それに負けないように頑張る」。

シングルマザーでも、失業しても、彼氏が出来なくても・・

何があっても関係ない。

自分の感受性に従って幸せだと感じることをすれば、幸せになっていくのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ