「何もかも上手くいかない」経験は私にとって最大の幸運だった

何もかも上手くいかなかったとき、自暴自棄になり自分の人生を呪いたくなりました。

でも「何もかも上手くいかない」からこそ、何かを持っていようが持っていまいが、自分の価値は本当には変わらないことに気付くことが出来ます。

すると、それまで自分がやっきになって手に入れようとしていたもの・守ろうとしていたものこそが、本当は私の力を奪っていたことに気付くのです。

幻の自信に支えられた、不安定な自分

Sponsored Link

自分自身の価値が「持っているものや経験したことで決まる」と信じていた時、何かを得られないこと・失うことや失敗・挫折は「悪いこと」でした。

でもそう信じて生きるのも、順風満帆な時はいいんです。

ただいったん挫折が始まり

離婚した

失業した

友達はみんな持っているのに、自分だけは持ち家が無い、車が無い。

新しい服も買えない

・・

こうなると私の自信は、地に堕ちました。

「何も持っておらず、失敗に失敗を重ねた今の私には、生きる価値が無い」

だから、失敗や喪失を帳消しにするくらいの大物を求めてもがきます。

「何も持たない私には価値がない」

そう信じている限り、いつまでも離婚や失業などその他の「悪いこと」を受け入れられずにいました。

何もかも失くした状況を受け入れると、自分の力に気付くことが出来る

Sponsored Link

ところがどんな努力も実を結ばず、何もかも失くした状況でしばらく力を抜いて生きてみると、今までずっと勘違いをして生きてきたことに気付きました。

それは

自分は価値を高めるために何かを身につける必要がない

強くなるために何かを得る必要はない

ということでした。

何も持っておらず失敗して価値の無いはずの自分にも相変わらず、些細な喜びや楽しい瞬間は訪れます。

どんなに何を持たない私でも、暑い時に飲む麦茶はおいしいし、お風呂は気持ちいい。

価値が無いはずの私なのに、子供は私を大好きでいてくれる。

実はこんな些細な幸せが、生きる力を与えてくれます。

この力は、「所有すること・勝つこと・成功」にこだわっている時に感じていたものよりも力強く、ゆるぎないものだったのです。

☆☆☆

今まで手に入れてきたものを失った

大失敗をした

何をしても上手くいかない

そんな経験は大きな不幸のようで、実はそれを経験できることは幸いです。

それまで私たちが「それこそが価値だ・力だ」と信じていたものが勘違いで、もっと大切なもの・強いものがあることを教えてくれるからです。

新しく発見した力強さはそう簡単には折れることがなく、新しい価値観に気付かせてくれ、新しい方法での成功をもたらしてくれます。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ