本当に別れていいの?シングルマザーの恋愛成就に必要なのは「ふんばる力」

sinmamarennaijojuhunnbari

シングルマザーには、決断力のある方が多いように感じます。

子連れでの離婚はリスクが高いもの。

自立心があり、前に進んでいく勇気がなければ、出来ないことですもんね。

でもその反面、「問題のある状況・中途半端な状況にとどまる力」は弱いのかも。

まさに私もそうなのですが、その力こそがシングルマザーの恋愛成就に欠かせない力だと思うのです。

決断力のあるシングルマザーの恋愛。あなたは彼との「宙ぶらりん」に耐えられる?

Sponsored Link

シングルマザーの恋愛は、自分に離婚歴があることや子供がいるせいで、思ったように前に進まないものですよね。

例えば会う時間を作るのが難しかったり、子供に反対されたり、といった難しさがあったり。

または子供のことを思うと、性急に関係を進められない(もしくは進めてもらえない)もどかしさもあります。

そんな風に

たくさんある制約の中で、どう信頼関係を作っていくか?

これこそが、シングルマザーの恋愛を成就させるうえで、大切な点なのではないでしょうか。

私も、子供を育てながら今の彼と付き合って数年。

子育てを優先しながら彼と会う時間を作るのは簡単ではなく、別れようかと悩んだ時期もありました。

もともと私は白黒はっきりさせたいタイプ。

中途半端や周りに気兼ねすることが、苦手なのです。

だから問題のある夫婦の状況に耐えられず離婚したのですが、恋愛でも

この後どうなるか分からない関係

子供に罪悪感を持ちながら会う関係

彼が本当は子供や離婚経験のことをどう思っているか分からない関係

こんなシングルマザーの恋愛特有の曖昧さに耐えられず、「それならいっそのこと」と別れを選びたくなるのです。

「いっそのこと」は聞こえはいいが、実は傷つきたくないだけ。今こそ「とどまる」ことを選択してみては?

Sponsored Link

考えなければいけないことがたくさん。

制約がたくさん。

「だからいっそのこと別れた方が、2人のため」

バリバリ決断してどんどん前に進んでいくタイプの人は、物事が進まない時こう考えがちかもしれません。

確かに、その判断は勇ましく、潔く、正しいようにも聞こえます。

でも本当にそうでしょうか?

少なくとも私の場合は、そう思った時に自問自答を繰り返すと、「傷つきたくないから」という答えが返ってきます。

曖昧な今に耐えたのに、結局成就できなかったら辛い。

将来のことを話し合って、同じ道がみつけられなかったら辛い。

子供のことで拒絶されたら辛い。

傷つくのが怖くて、肝心な話し合いをすることが出来ない。

自分の不安を伝えられないし、彼の本音を聴けない。

だから「いっそのこと」で、キレイに終わらせようとしているだけなのです。

確かに、前に進んでいく力は必要です。

でもそれが自分の弱さからくる逃げの行動なら、それは正解じゃない。

離婚の辛さの繰り返しです。

もしあなたが今まで「とどまること」が苦手だったのなら、今こそとどまってみる時かもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ