再婚を実現したいなら、まずは意識の上でシングルマザーを卒業する

数年間シングルマザーをしていましたが、この度再婚することに決めました。

そんな私が再婚を決意する前に行ったのが

「意識の上で、自分をシングルマザーたらしめている前提をクリアにする」

こと。

自分の中の何も変えずに再婚に踏み切ることは、新しい修行の場を用意するだけなのです。

「再婚の実現」のために大切なもの。

Sponsored Link

よく、「願望の実現には実現したい未来をイメージすると良い」と聞きます。

つまり再婚したいなら「結婚生活を営んでいる私自身」をイメージすればいいということですよね。

確かに結婚経験の無い若い女の子だったら、無邪気にハッピーな結婚生活をイメージしていれば、いつかは実現できるのかもしれません。

だけど私たちは、泥沼の結婚生活をくぐりぬけたシングルマザーです。

どこまで純粋に、幸せな結婚生活をイメージできますか?

「大好きな人と結婚できた!」

とイメージしても、心の内側に

「結婚するとあんなこともある・・」

「こんなこともある・・」

「たくさん傷つけあう・・」

という意識があれば、イメージすればするほど、心の本当の本当の奥底では「結婚なんてしたくない!」となるかもしれません。

それに辛いシングルマザー生活を送っていたなら

世の主婦への嫉妬(私は一人で苦労してるのに)

私は一人で頑張らなきゃいけないんだ!という意地

どうせ誰も助けてくれない。私たち母子は孤独

という思いが染みついているかもしれません。

そんな意識を持ったままで、幸せな結婚って、実現できるでしょうか。

仮に再婚が実現したとしても、

結婚は傷つくのよ!

私はどうせ一人なのよ!

なんて、また新たな苦しみを産むだけですよね・・。

だから、私たちシングルマザーは、単に望む未来をイメージするだけではいけないのです。

根底にある思い込み、いじけ、私たちを苦しむシングルマザーたらしめているもの。

そんなものを明らかにしなければいけないのです。

再婚の流れを妨げているのは、私たちが押し込めた夢や希望や意地やプライド

Sponsored Link

私はずっと、専業主婦の方を見下していたし、

「私はものすごく頑張ってる。

普通の女性よりたくさんのものを一人で背負ってる」

と思ってきました。

でもその気持ちを見つめていくと、隠れていたのは

夫に大切にされて心配なく生きていける女性がうらやましい。

私もそんな風に生きたい。

という憧れ

そして、

結婚を失敗したような自分は一人で頑張らなきゃいけないんだ。

それくらいしないと失敗は挽回できないんだ。

という劣等感や意地やプライド

でした。

そんな憧れや意地やプライドを持つ自分に気付きたくなくて、心をガチガチに武装していたのです。

でもそれを否定せずに諦めたとき、再婚の流れになりました。

☆☆☆

自分が心で感じる「夢・希望・憧れ・嫉妬・罪悪感・怒り・悲しみ・不安・・」

これらにフタをすれば、その感情と向き合わないで済みます。

心を乱さないで済みます。

でもそれと引き換えに、色んな可能性に向かってドアを閉めているのです。

つまり、感情で心が揺らされないことを追い求めると、大きな幸せも自分に呼び込めないということ。

大きな幸せを求めるなら、感情を感じる自分を受け入れることが必要なのです。

だから、「幸せな再婚」を求めるなら・・

シングルマザーの今、押し込めている思いにまず目を向けてみましょうね。

Sponsored Link

2 Responses to “再婚を実現したいなら、まずは意識の上でシングルマザーを卒業する”

  1. コウタン より:

    シングルマザーです。
    いつも訪問しては元気をもらっています。
    再婚おめでとうございます!新しい門出のお話聞けて私も嬉しいです。

    • shigeyamamiki より:

      まさかお祝いのメッセージをいただけるなんて!
      とても嬉しいです!
      ありがとうございます。

      過去の自分と対話する気持ちで書いていたのですが、
      それが少しでもお力になれていると知り嬉しいです^^

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ