幸せ再婚安達祐実に学ぶ「頑張っても報われない」時のふんばり方

gannbattemomukuwarenai

「同情するなら金をくれ!」でブームを巻き起こした安達祐実さん。

第2子を妊娠し、最近ますます可愛くなったように感じます。

でも彼女にも、脱子役の壁や離婚など辛い不遇の時期があったはず。

どのようにして公私ともに充実したいまを手に入れたのでしょうか?

彼女の生き方を参考にすれば、あなたも頑張っても報われない時を乗り切れるはず!

安達祐実にもあった・・頑張っても報われない時期

Sponsored Link

「家なき子」で一世を風靡した安達祐実さんも、その後順調に女優として歩んできた訳ではありませんでした。

超がつくほどの有名人になった代償として、中学校では酷いイジメにあったそう。

上履きが捨てられて体操服が切り刻まれたり、男の子からは痴漢まがいの嫌がらせに遭ったり。

その結果不登校になり1年ほど学校へ行けなかったそうです。

また同時期に、「子役から女優への大成は難しい」というマスコミからのバッシングもありました。

そして実際に、「家なき子」のイメージが強すぎて役がもらえない日々。

私生活でも仕事でも、彼女の一番辛い時期だったに違いありません。

それでも負けずに女優を続けてきたのは、安達さんがお母さんからある言葉のおかげだったそう。

それは意外にも優しい励ましの言葉ではなく、次のように安達さんにご自身の「在り方」を厳しく問うものでした。

「そんなぐずぐず言って魅力がないから、誰も(ドラマで)使わないのよ。」

出典 女優の安達祐実がお笑い芸人と結婚

最高の自分で居続けることが、報われない状況を変える

Sponsored Link

辛い状況の時、私たちは不貞腐れたり、会社や他人のせいにして頑張ることを投げ出したくなります。

誰でもいいから「認められなくて本当にかわいそう。あなたは頑張ってるのに。あなたは悪くないよ。」と慰めて優しくしてもらいたくなります。

だけど心が折れて間違った方向へ行ってしまいそうな時は、こんな優しさだけでは正しい方向へ軌道修正出来ないのです。

状況に負けて暗い顔をしたり文句ばっかり言っているのでは、状況はもっと悪くなるだけ。

状況を良くしたいなら最善の自分を出し続けるしかない。

安達さんはお母さんの言葉で、そのことに気付くことが出来たのでしょう。

成功を焦らず、気長に最善を尽くしながら待ちましょう!

お母さんの言葉で心を持ち直した安達さんも、だからといってすぐに低迷期を抜け出したわけではありません。

前夫と離婚したりヌード写真を出してバッシングされたりと、不遇の時は続きました。

でもいま、可愛らしさの中に大人っぽさがあるルックスが話題になったり出演するドラマで好評を博したり、再婚・妊娠したり・・と状況は一変しています。

そして状況が良くなった今、辛かった時期があったことすら美談の1つとして語られるようになるのです。

だから今「報われない」と苦しんでいるあなたも、「報われる時」が来れば今の苦しさがその喜びに華を添えます。

未来の自分を信じて、最善の自分を出し続けましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ