不幸の入り口は「刺激」を求める心?刺激中毒から脱して幸せになる

何も問題が無い、幸せな状態の時でも、なぜかネガティブなことを探している自分がいます。

幸せな時って暇だから、刺激が欲しくなるんです。

そうして「考えるべき問題」を探し出して、幸せから遠ざかっていくのかもしれません。

「幸せ」は刺激中毒者には退屈過ぎた

Sponsored Link

かつては人生のどん底にいた私も、さまざまな問題を解消して幸せになった「つもり」でいました。

でもやはり、幸せというのは外的な条件で決まるのでは無いのですね。

それまで解決すべき・向き合うべき問題を抱えすぎていた私は、この

「何もない」

という状態に心が耐えられず、問題をまた探し始めました。

とはいえ今は大きな問題として扱える案件が無いので

ご近所さんとの付き合い

子供の生活態度

パートナーの態度

仕事の人間関係

などの中から、本当に些細な不満を探して、またグルグルと考え始めます。

そして「些細なこと」が自分にとって大きな問題に変わっていく。

しょせん、

問題中毒

刺激中毒

「もっともっと」と求める人

には、何が起きても起こらなくても、幸せになることは不可能なのです。

これは人生から困ったことが無くなって、初めて気づいたことでした。

「感謝を忘れない」というのは、ありきたりだけど幸せになるのに最も効果的な方法だった

Sponsored Link

色々なことを乗り越えて分かったつもりになっていても、その状態になってみないと分からないことは山ほどあります。

「感謝を忘れない」

ということの大切さが身に染みたのは、刺激中毒の自分に気付いてからのことでした。

何もない平安な毎日に感謝を忘れると、

退屈、刺激が無い、何か問題は無いか・・

と粗探しが始まります。

それにストップをかけるのが「感謝」です。

この、当たり前すぎる、子供でも知っていそうなこと。

この基本的なことが今まで出来ていなかったから、幸せに気付くまでこんなに長い時間かかってしまいました。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ