「幾つになっても親がうざい」そんなあなたが人として正しい理由

ikutuninattemooyaga

幾つになっても「親がムカつく。うざい。」

そんな自分に自己嫌悪したり、悩んだりする必要はありません。

親がうざい

それは遥か昔から、全ての子供が感じると決まっていること。

「親がうざい」ことを恥ずかしく思ったり、苦しく感じる必要が無いのには、次のような正当な理由があります。

「親はうざい」と感じることは健全な証拠

Sponsored Link

あなたが親のことを「うざい」と感じ始めたのはいつ頃からでしょうか。

おそらく、小・中学生の思春期を迎えたころからでは?

その頃になると、人間は親以外の人間関係や自分の経験から多くのことを学び、自分なりの考え方や価値観を創り出していくもの。

それなのに親があなたの考えや価値観を尊重しないから、大変腹立たしく感じるのです。

つまりあなたが親を疎ましく感じるのは、あなたが「成長している」が故なのです。

親の考えを受け入れたくないのはあなたに「自立心」がある証拠

また、親があなたに意見を言っても、あなたは「絶対に受け入れたくない」と感じるはず。

他人からの意見なら耳を貸せるのに、親から言われるとなぜでしょう?

それは、あなたが無意識のうちに「いつまでも親の言うことに従っていたら自立できない」と感じているから。

立派に自分の力で生きていきたいという意思が、親に対して素直な行動を取れなくするのです。

このように、「親がうざい」という感情は大人になるために必要なもの。

そもそも親に依存して生きていきたい人には、「うざい」なんて感情が芽生えませんもんね。

「親が子供に干渉することは止められない」と悟ると、本当の大人になる

Sponsored Link

さらに言うと、子供が親から自立することを望むのと同じように、親は子供を押さえつけることを望むものなのです。

子供を押さえつけた上で、それを超えていってほしい。

これが本当の親心なのです。

だからあなたがどれだけ言っても、親は干渉を絶対に止めません。

これまであなたは親が干渉してくることを非難したり止めさせようとしてきたと思いますが、それはムダな努力だったということですね。

もう親の干渉を止める努力は止めましょう。

その代わりにもっと建設的な努力が出来ます。

それは「親は干渉するものだ」と受け入れようとすること。

そして、親の言葉を受け流す能力を身に付けることです。

それが出来ないうちは幾つになっても「まだまだ子供」なのかもしれません。

————-

子供にとって、親からの干渉は幾つになっても本当に腹が立つもの。

でも、それも自分の自立のために必要なのだと悟ってあなたが大人になれば、意外とすぐに干渉を止めるかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ