「悪いことばかり・悲劇の人生」はあなたの手で終わらせる

悪いことばかり起こる人生。

「こんなはずじゃなかった」という人生。

でも人生の流れは自分で変えることが出来ます。

悪いことばかり起こる私の人生・・これは私のせいじゃない?

Sponsored Link

離婚してシングルマザーになり、そのうえ子供の不登園。

そして失業。

親との不仲。

私の人生は悪いことばかりで、なんて不幸なんだろうと思っていました。

この不幸は全部、私がついていないせい。

離婚も、元夫の家族が宗教をやっているなんて知らなかったし。

親も、私がどれだけ努力しても認めてくれないから。

だから

「頑張ってもムダなのだ。」

「ついてない人は一生ついていないんだ。」

そう思っていました。

また、

「私が前向きになるためには、親からの謝罪が必要だ。」

「親や元夫、子供・・周囲の人が悔い改めるしかない。」

そう思っていました。

自分は完璧で非が無いと思い込んでいたから、自分が変わることや反省することを選択したくなかったのです。

でもこれこそが、悲劇が終わらない理由でした。

「私はかわいそう。」

そう思いたいから、悪いことばかり起こる人生は終わらないのです。

悪いことばかりの人生は、あなたが変われば必ず終わる

Sponsored Link

「私は被害者なんです!」

と声高に主張しているうちは、悲劇の人生は終わりません。

過去に起こったどんなに悔しい出来事・・

苦しかったことも

恨みも

悲しみも。

その気持ちを晴らすことを考えているうちは解放されません。

悲劇の人生を終わらせるためには、誰かを許すというより「恨みをあきらめる」こと。

あなたの人生を変えるのは誰かからの懺悔ではなく、自分自身が過去への執着を捨てることなのです。

「でも悪いのは元夫なのに!」

「親があんな育て方をしたから、今の私はこうなのに・・」

それは本当に、そうだったのかもしれません。

でもこれからの人生も過去の影響を受けるかどうかは、あなたが決めることが出来るのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ