人生の苦境で、引き寄せの法則は「逆効果」なのです。

いまを変えようと必死で引き寄せの法則をしても、変わらない

それどころか、「願望を叶えよう、叶えよう」とすると、幸せを感じる上では逆効果であったりします。

それは今ないものばかりを見つめて、今を受け入れることを忘れてしまうから。

引き寄せたいものばかりを考えて、今を否定してしまうだけになるからです。

引き寄せの法則は、私の現実を「変えなければいけないもの」にしてしまう

Sponsored Link

いま辛い状況にあるほど、何とか今の状況を変えようとしてしまう。

私もそうでした。

特に辛い時にはまったのは「引き寄せの法則」というもので、

「信じれば願った未来を現実のものに出来る」

という耳障りの良さから、ずいぶん熱心に勉強しました。

でも頑張って引き寄せを実践しても、本当に欲しい現実や幸せはやってこない。

そればかりか

「なぜこのまんまなんだ」

「このままだったら幸せになれない」

と、苦しみばかり生まれ、その苦しい現実をなんとか変えるためにますます引き寄せに依存していきました。

そして気付いたのは、

「引き寄せたい現実」を想えば想うほど、「いま目の前にある現実」が邪魔なものになる

「いま目の前にある現実」を、ますます「変えなければ」と思いたくなってしまう

ということ。

つまり、引き寄せの法則に傾倒すればするほど目の前の現実への否定は強まる。

そして、いますぐに感じられるはずだった幸せも、感じられなくなってしまうのです。

そんな時、引き寄せたい未来を想って感じる「ワクワク」なんて、ただのまやかし。

このまやかしに踊らされて、現実から目をそらし続けてはいけません。

(ちなみにまやかしに踊らされた自分への戒めから、このサイトのドメインは「hikiyose」という言葉を使っています。)

「この状況は変わらない」とあきらめることが、幸せの第一歩

Sponsored Link

本当は、幸せとは一定の条件が整って初めて訪れるものではありません。

ただ、今の自分を受け入れた人に訪れるというだけ。

だから幸せになるには

どんなに嫌で苦しくて受け入れがたいみじめな境遇でも、「あきらめる」。

それしかないのです。

でもそれが出来た時、不満なく自分の人生を生きられるようになります。

そしてそんな風に生きられるようになった時、

「こうだともっと素敵だな」

が何故か実現されていくようになるのです。

☆☆☆

引き寄せを商売にしている人も、「人生を変える」と言って方法を教えてくれる人も。

苦しんでいる私たちを依存させて「苦しい今」を長引かせるだけ。

幸せになるには、ただ自分が自分の生きてきた人生を受け入れるだけだから、本当は商売にするほどのことではないのです。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ