全てを失った「どん底のシングルマザー」より、みじめなもの

配偶者がいない。

お金がない。

時間がない。

助けてくれる人もいない。

こんなどん底のときもある、シングルマザー。

でもどん底だからって、みじめなわけではありません。

本当にみじめなのは「何かがないこと」ではないのです。

どんなにどん底でも、「私はみじめなシングルマザーだ」なんて言わないで

Sponsored Link

子供が不登園になり、会社を辞めたころ。

兄弟から言われた言葉で、忘れられないものがあります。

それは

「みじめだね。」

というたった一言。

心に突き刺さる、とても冷たい言葉でした。

結婚生活に失敗し、子供も問題を抱え、経済的にも行き詰まる・・

というのは、確かにどん底の状態です。

私もあの時、その先の人生を生きていく自信を失くしていました。

でも今になって思います。

当時は確かにどん底だった。

問題ばかりで、辛い時期だった。

だけど再起しようと奮闘していた私は、みじめではなかった。

みじめとは、「見ていられないほどに哀れなさま」を指しますが、私にとってそれは

自分を殺しながら現状に甘んじること

不満や愚痴が一杯の人生を送り続けること

誰かを憎しみながら生きること

自分の力でなんとかしようとしていた私は「全然みじめじゃない」と、当時の私に言ってあげたいのです。

「自分はみじめだ」と心が折れそうな時に、思い出したいこと

Sponsored Link

いま振り返り、私が一番「みじめだった」と感じるのは、自分の心を誤魔化しながら結婚生活を続けていた時です。

その時は、お金の心配もなく、恵まれた仕事もあり、持ち家もありました。

でも私の心の内では、

元夫やその家族への憎しみ

結婚への後悔

それらから逃げるための物欲・金銭欲・出世欲

これらのものが渦巻いていました。

つまり元夫を恨んだり憎んだりしながらも、金銭的や物質的に彼を利用していたのですが、これは本当にみじめで浅ましいことでした。

冷めきった夫婦なら、当たり前?

そうかもしれません。

だからこそ、いま自分のことを「ダメだ、負け犬だ、みじめだ」と感じているシングルマザーがいるのなら、伝えたいのです。

もしも今、金銭的に、物的に、状況的に苦しくても、

自分の力で人生を変えようとしたシングルマザーはみんな勇気と誇りのある人たち

なのです。

目に見える状況、物的、経済的状況だけが、その人の素晴らしさを表すものではありません。

むしろそこに捕らわれず、どう生きるか。

自分のことを「みじめだ」と泣きたくなる時は、

あなたが「何を考えてシングルマザーを選択したか」

を思い出し、あなたの中の誇りを取り戻してください。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ