元旦那が、憎くて憎くて、辛い・・そんな堂々巡りの時は

「元旦那を許さなければ」と思っても、怒りや憎しみがこみあげてくる。

「前を向かなければ」と思っても、どうしても苦しみが忘れられない。

そしてそんな堂々巡りの自分に、嫌気が指してしまう・・

そんなことって、ありますよね。

そんな時は、

「許すことが出来ない」「前向きになれない」

と考えるのではなく、

「私はまだ許したくない」「まだ前向きになりたくない」

と考えてみてはどうでしょうか?

どうしても前に進めないのなら、きっとあなたのやるべきことは

怒りや苦しみ、恨み・・などのネガティブな感情を思いっきり味わうこと

それもまた、立ち直りのために必要な過程のひとつなのです。

怒りも、恨みも、イライラも。「ここから出して!」と思っている

Sponsored Link

私は以前まで、何かあればすぐに怒ったり、イライラしたりする人間でした。

でも

「感情的になってはいけない!」

と抑え込んでいたので、どんどん内に溜まり、ストレスに。

イライラしたり怒ったりするのは、主に両親に対してだったので

私がこんな気持ちになるのは親のせい!

と、怒りをため込まされたことに対してすら、また怒っていたものでした。

でもよく考えたら、同じ屋根の下にみんな暮らしているのに怒っているのは私だけ。

なぜでしょうか?

ふと

「私は怒りたいんじゃないか?」

という考えが芽生えました。

怒りたくて、怒りたくて、怒りたくてしょうがない気持ちがある。

それなのに「怒ってはいけない!」と抑えつけているから、さらなる発散の場所を探している。

そうしている間に、まるでロト6のキャリーオーバーのように怒りが大きくなる。

そんな気がしたのです。

それに気づいてからは、心の中に怒りが湧いても、悲しくなっても

「怒りたいんだ」「悲しみたいんだ」

と、感情を抑えることを止めました。

すると、激しい感情が沸き起こることも、少なくなってきたのです。

心の中にため込んでいたものが出ていったようでした。

ネガティブな感情は、鎮めるよりも味わおう

Sponsored Link

「鎮めなければいけない」

と思っていたネガティブな感情は、鎮めようとすればするほど大きくなるように感じます。

イヤイヤ期の子供が、

無理に言うことを聞かせようとすると、もっと暴れてしまったり

無理やり連れて行こうとすると、ものすごい抵抗をしたり

「何かにこだわって動けない」

そんな状態に似ています。

だから、どうしても解けない苦しい感情がある時。

自分の中の怒りや悲しみを感じる部分を、まだ忘れ去られたくないと思っている「小っちゃい子供なんだ」と思ってあげてください。

その子供が納得いくまで、味わいたい感情を味わわせ、こだわりを解いてあげましょう。

今のあなたに必要なのは、無理に自分を奮い立たせることよりも、そんなことだと思います。

そしてこだわりの解けた子供がまた元気に歩き出せるように、あなたの心もまた活力を取り戻します。

元夫のことを水に流して、将来に向かって歩き出せるようになるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ