「親とうまくいかない」は当たり前。あきらめたら人生が変わる

oyatoumakuikanai

親子の関係は、なかなかうまくいかないものですね。

「普通に仲良くしたいだけなのに」

「何でうちの親はいつもああなんだろう」

あなたは親と接するたびに悩んでいるかもしれません。

でも「親に対する思い込み」に気付きそれを失くすことで、心を軽くすることが出来ますよ。

親子は仲が良くて当たり前?思い込みが「うまくいかない」関係をつくる

Sponsored Link

最も身近な人間関係のはずなのに、他人よりも「親子」の方がうまくいかないのは何故でしょうか。

他人なら気にならない言動も、親がすることは無性に腹が立ったり許せなかったりします。

それは、私たちが「親子」という関係に固定観念を持っているからではないでしょうか。

親は子供に無償の愛を注ぐもの

子供は親の期待に応えるもの

親子は愛し合うもの

こんな「理想像」が親子の行動を縛ります。

「こうでなければならない」が息苦しさや罪悪感を生み、また「一方通行の思い込み」が不満を生んでしまうのです。

でもこんな思い込みのせいで親子関係に苦しさを感じるのだとしたら、一度「こうでなければならない」を諦めてみてはどうでしょうか。

子供に無関心な親でも諦める

無償の愛を感じなくても諦める

親のいいなりにならない自分を許す

「当たり前の親子関係を諦める」自分を許す

どうせ親もあなたも他人なのです。

あなたが大人になってしまえば、自分の人生をつくるのは親ではなくあなたなのです。

普通の親子関係を諦めると同時に、親の人生と人格を認める

Sponsored Link

「こうでなければならない」を諦めることは、親をバカにすることではありません。

あなたが「親に持っている期待」を捨て、親を一人の人として認めることなのです。

社会で出会う1人の人間として親をみることが出来たら、親への見方が変わるかもしれません。

親がどんな人生を歩んで、そのためにどんな価値観や考えを持つようになったか。

それを知ろうとすることで、親へ抱いていた「不満」を許すことが出来るようになります。

親は完璧な人間ではありません。

親にもどうしても出来ないことがあります。

それはきっと、あなたも同じです。

「当たり前の親子関係を諦める」上で障害になるのは、あなたがこれまで抱いてきた「恨み」や「怒り」かもしれません。

でもあなたが「恨み」や「怒り」さえ諦めることが出来れば、あなたはこれ以上親に悩まされなくても済むようになるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ