崖っぷちから這い上がるためには、ネットを閉じて今すぐ向かうべき場所があります

辛い現実、不本意な人生・・

私の人生はいま「どん底」「崖っぷちだ」と思ってしまう時でも、大丈夫です。

あなたは自分が変わることで、あなたの環境を変えて、また這い上がることが出来ます。

でもそのためには、本やネットに癒しを求めたり、「効果がありそう」な情報を集めるだけの日々から卒業しなければいけません。

本当に自分を変えるためには、この記事を読んだ後、あなたが向かわなければいけない場所があるのです。

あなたは「どんな自分」になれば、あなたの世界は変わると思いますか?

Sponsored Link

人間関係でのもめごとや、上手くいかない仕事。

困ったことばかりの育児・・

日々の悩み事に直面したとき、

「自分が変われば状況は好転するかもしれない」

とは、誰もが感じることです。

でも「変わる」といっても、具体的にどのように変われば、あなたの人生から問題が消えるのでしょうか。

例えば、すぐに感情的になってしまう彼との関係を改善したい時。

あなたは「自分がより広い心を持つこと」「寛容になること」で、状況を変えようとします。

確かにそうすれば、彼とあなたの間のもめごとは、起こらなくなるかもしれませんよね。

でもこうして作った状況が「あなたの望む状況かどうか」を考えて欲しいのです。

「寛容になる」ことは確かに人間的には優れたことですが、彼の行いを心から納得せずただ耐えることは、自分の我慢や無理になりませんか?

そうして無理や我慢を続けると、彼とのいざこざ以外に、自分の心に問題を抱えることにならないでしょうか?

人は、「より良い人」になることで「より良い人生」を得ようと思います。

「完璧な自分」であれば、問題が起こらないようにも思えます。

「人生を良くするには良い習慣を身に着けること」

と言いますが、確かにそれは当たっているでしょう。

でもそれもこれも、あなたという土台がしっかりしていてこそ。

自分に嘘をついたり騙したりして、表面を取り繕っているうちは、どんなに「良いと思われる出来事」が起こっても、

「何かが違う」

「満たされているはずなのに、なぜ幸せじゃないんだろう」

と感じてしまいます。

あなたが自分のことをしっかり理解しないまま表面だけ素晴らしい人になっても、あなたは幸せにはなれないのです。

だからあなたがまず最初に起こすべき変化は、

「自分を知り、自分に嘘をつかず、自分の思いを受け入れること」

なのです。

「自分を知って受け入れる方法」は本やネットで溢れています。でもあなたが実践しなければ、何の意味も無いのです。

Sponsored Link

「良い人」を目指すのではなく「自分自身」を目指すこと。

簡単なように見えて、とても難しい事です。

これまでの長い人生で、私たちは「本当の自分を無視すること」の訓練をしてきたようなものだからです。

親や先生から教えてもらった「こうあるべき」「これはすべきではない」という考え方

自然と身についた常識やルール

「負けたくない」「損したくない」という見栄やプライド

自分の感情や欲求は抑制すべきだという価値観

これらが当たり前のようにあります。

そんな、「自分を本当の自分から遠ざけるもの」に気づき、そこに隠された自分の思いを見つけることが必要です。

とても根気がいる、辛い作業かもしれません。

でもそのための方法は、実は本やインターネットで、数多く見つけることが出来ます。

その中から、どんな方法でも良いのです。

私はそれらの方法が、

「一瞬で」のようにあまりに手軽さを強調していたり

たくさんのお金を要求するもの

でなければ、あなたがピンと来たものはすべて有効なものだと思います。

ただしそれは、あなたが「本気で」実行した場合だけに言えることです。

本を読んで刺激を受けただけでは、何も変わりません。

耳触りの優しい言葉に「癒された」と思っても、数日経てばその癒しは忘れてしまいます。

本気で自分を変えたいなら、あなたがピンと来た方法を頼りに、自分の心の中に向かわなければいけないのです。

本もネットも閉じ、行動に移してください。

自分が隠してきた心は、辛くて悲しくて、汚くて目にするのが嫌なものばかりかもしれません。

でもこれらにフタをして生きてきた結果が、今なのです。

どんなに嫌な自分の側面でも過去でも、卑屈にならず「自分に必要なことだ」と捉えられたとき、自分の力に変わるのです。

Sponsored Link

4 Responses to “崖っぷちから這い上がるためには、ネットを閉じて今すぐ向かうべき場所があります”

  1. ぽっと より:

    離婚を決めて調停中です。
    向こうが離婚したいと言われ 1年間冷たい仕打ちをされ 女性と嫌がらせを受けて離婚を決めましたが、現実は厳し途方にくれてます。
    下の子は高校生で悪いのはお父さんだけど
    残るって向こうと暮らしてます。それも余計に辛いです。寂しくて子供と一緒に生きたかった。お母さんはお母さんだって不便になりたくないだけ。女を家に入れさせない為って

    この寂しさと途方にくれてる感じを
    克服したくて
    励みになります。
    受け入れてやるしかないなって
    コツコツ
    って考えれる時と考えられない時がありすぎます。

    • shigeyamamiki より:

      コメントありがとうございます。
      辛くてどうしようもないとき、心にある苦しい気持ちはどうぞここで吐き出してください。
      吐き出して受け入れて・・
      の繰り返しが、必ず幸せな未来へつながっていきますから!

      • ぽっと より:

        返信ありがとうございます

        元夫からの嫌がらせや脅しで精神的に参っています。
        そんな人と20年やってきたんだって
        後悔と恥ずかしさで気が滅入ってしまいます。

        ただ離婚届に印を押せばいいと思っている

        向こうから好きな女ができたって言い出して今は誤解と調停で言う始末
        どうしようもない人間です
        下の子が父を得だからって選んだ事にもびっくりで、母は母ってお母さんを追い出したくせにって言ってくれた

        もう離婚して やり直したいだけです。
        子供はもう自分で決めた事だって
        離婚して欲しくないって子供に言われてのことだから
        こうなったのは自分にも原因があったんだろうけど、やり方が汚いです。
        ってことに落ち込みます。

        子供のためって思ってて今は一番子供を傷つけてる

        • shigeyamamiki より:

          やり切れない、お辛い状況ですね・・
          ネガティブな感情と向き合った後は、どうぞご自分をいたわってあげてくださいね。
          好物を食べるとか、どんなに些細なことでもいいんです。

          ネガティブになってしまうと、そんな自分をつい責めたり、落ち込んでしまいます。
          でも今はネガティブを十分感じて「出してあげる」時。

          自分をいたわりながら、嫌だと思ったこと、苦しく感じていることを出していくと、
          同じ現実に対しても、違う見方が出来るようになってくるはずです。
          そうなってくると、きっと気持ちも軽くなっていくはずです。

          悩みを消すことを急がずに、今はご自分を出来るだけ大切にしながら、過ごしてくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ