元夫への怒りは八つ当たり。本当は自分が一番自分に怒っている。

元夫への冷めない怒りに苦しんでいる時。

本当に怒っているのは、元夫に対してじゃない。

本当は、自分自身に一番怒っている。

怒るべき時に自分のために怒らなかったこと。

自分の心を押し殺して生きてきたことに。

元夫への恨み・怒り。その源は自分自身

Sponsored Link

離婚してしばらく、元夫への怒りや恨みが冷めることはありませんでした。

離婚したのは元夫の家族が宗教をしていたから。

元夫は私を守ってくれなくて、そのせいで私は一人で苦労しなければいけなくなった。

全部全部、彼のせいなのに、彼は自分の過ちを認めようとしない。

それだけでなく、子供の育て方で文句は言うし、私がまるで「悪い母親」かのように言う。

全部あいつのせい。

私を怒らせる。

最悪だ・・

でも、本当は、私は私に怒っていました。

本当は結婚前から違和感を感じてたのに、気付かないふりをして押し進めたこと。

宗教をやっていると気付いた時、イヤだと思ったのに、「私は関係ない」と見ないフリをしたこと。

元夫の対応が不満だったのに、きちんと伝えずに夫との関わりを減らしたこと。

家に帰るのが嫌で、仕事に逃げたこと。

本当は怒るべき時に、怒らなければいけなかった。

自分のために。

我慢したり目をそらした、小さな一つ一つが、心の中で自分を責めていたのに、

自分を責めるのが嫌で、全部夫のせいにしました。

怒るべき時に怒ることの効能

Sponsored Link

人は怒るべき時に怒らないと・・

他の誰かのせいにしてごまかしたりすると・・

問題がどんどんこじらされて、もはや何が悪いのかが分からなくなり。

そのこじれたことを自分のせいにしたくなくて、ますます他人のせいにして苦しむようになります。

きっと初めは

「私さえ我慢すれば」

「ことなかれ」

と思って押し込めたのに、気付けばそのせいで、より一層大きな問題につながっていくのです。

「怒るべき時に怒る」

「勝手に我慢しない」

これだけで、実は問題はシンプルに終わる。

というより、問題が始まらない。

「怒るべき時に、勝手に我慢する」

から、問題が起こるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ