私をひとりぼっちのシングルマザーにしたのは、私の意地とプライドだった

「孤立無援のシングルマザー」

少し前は自分のことをそんな風に感じていました。

私って孤独で、かわいそうだと。

でも自分自身をそんな境遇においたのは、自分のプライドが原因だったのです。

それに気付くと、自分を孤独から解放してあげたくなりました。

私はひとりぼっちのシングルマザー・・でも誰も受け入れないのは私

Sponsored Link

私はずっと「元夫の家族のせいで離婚したのに、苦労するのは私ばかり」だと思っていました。

子供は不登園になってしまって、私は仕事を辞めざるをえず。

折り合いの悪い実家でイライラしながら、先の見えない人生への不安に毎日落ち込み、何の苦労もしない元夫を憎みました。

そんな辛い状況なのに、私を慰めもせず、救いの手を差し伸べない家族にも怒りを覚え、誰も私を守ってくれないと思いました。

友達にも、みじめでこんな状況を話すことは出来ません。

「誰も分かってくれず、誰も助けてくれない」

本当に辛い毎日でした。

でもどん底まで落ち込んだ後に分かりました。

そもそも私は

「誰かに助けなんて求めてたまるか」

と意地をはっていたこと。

「助けを求めるなんて恥だ」

とプライドを守っていたこと。

そしてその反面、この「可哀そうな私」を解かってもらいたいと思っていた。

苦労を察してもらいたいと思っていた。

だから他人へぶつけたのは、気持ちを察してくれない怒りと不安定な感情だけ。

決して、

何を不安に感じているのか

何を悩んでいるのか

どう助けてほしいのか

素直に打ち明けたのではなかったのです。

誰にも助けを求めないから、誰も助けてくれない。

そんなの当たり前。

ひとりぼっちなのは、意地とプライドを大切にして素直になれない、自分のせいだったのです。

苦しいのは、意地やプライドにしがみついているから

Sponsored Link

どんなに物理的に辛い状況に置かれても。

実は心の内の不安や助けてもらいたいことを、素直に適切な人に打ち明けることが出来たなら、その辛さは結構耐えられるものです。

でも、苦しくて苦しくて、病気になるほどふさぎ込んでしまうときは・・

私の場合は、自分が

ダメな人間だと思われたくない

失望されたくない

見下されたくない

勝ち組でいたい

かっこ悪いところを見られたくない

という意地やプライドにしがみついて守ろうとする時でした。

だから本当に人を苦しめるのは、逆境ではなく「自分自身」だと信じています。

「自分ばかり辛い目にあってる」と元夫を憎む時、「私はあなたが羨ましいよ」と元夫へ言ってみる。

「家族なのに助けてくれない」と家族を恨む時、「助けてほしいんだ」と頼んでみる。

誰かの励ましがほしいなら、みじめでも友達に打ち明けてみる。

私は意地やプライドを棄てた時、自分はひとりじゃないと気付きました。

それでも当然、助けを求めた結果、恐れていたように「見下されてバカにされてかっこ悪いと思われる」こともあります。

でも

「素直になることが出来るようになった」

という成長は、自分の知らなかった強さを引き出すことにつながるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ