「現実を受け入れられない」とき、現実を変えようとしてはいけない

「現実を受け入れられない」とき、なんとかして自分の「いま」を変えようともがくのですが・・

そんな時ほど現実は厳しく、辛いものになっていくようです。

現実が受け入れがたい時ほど、変える努力よりも大切なものがあります。

現実を受け入れられない心が、現実を壊していく

Sponsored Link

厳しい状況に置かれている時、私はそれを「なんとかしよう」ともがいてしまうタイプでした。

離婚後、シングルマザーとして苦境に立たされた時は、みじめな現実が受け入れられなかった。

だから、神頼みや占いや引き寄せの法則など・・

自分のチカラ以外のものにまで頼ってまで、現実を受け入れる代わりに

「変わること」

だけを夢見ていました。

でもそうし続けても、何も良くはなりませんでした。

良くならないどころか、夢ばかり見て、現実にまた失望して、自分の「いま」を嫌っていく。

不完全な自分

足りないお金

元気のない子供

誠実でない恋人

自分や自分の身近にあるもの・いる人の「変えなければいけないこと」ばかりを嘆いて非難して、それと真逆の現実を望んでも・・

私にもたらされるのは「前よりひどい今」だけでした。

何かが変わるのは「今を受け入れた時だけ」

Sponsored Link

数年間のどん底を経験して、悟ったのは

「受け入れるしかない」

それだけでした。

嫌だ嫌だ嫌だ・・と思いながらどんな努力をしても、意味がない。

それよりまず、受け入れて諦めて絶望してみるだけ。

それをせずして他に何をしても意味が無いと思っているので、最近では同じ事ばかりを角度を変えて書き続けています。

基本的にプライドが高く強欲でワガママな私が、「今を忘れない」ということを忘れないためにも。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ