「願いを叶えたい」でもそれは本当に、あなたが好きなこと?

「ほしい」「実現したい」という願いを実現することと、幸せになることは違います。

だけどなぜか自分の頭の中では、

願いが叶うこと=幸せ

だと思い込んでしまっていました。

でもたくさんの失敗を重ねてようやく気付いた

願いが叶っても不幸になることもある

願いが叶わなかったからこそ、知ることが出来る幸せもある

ということ。

だから「願いを叶えること」に固執するのを、止めてみました。

切望していたものが手に入った。それなのに・・

Sponsored Link

先日、旅行先でクルージングをしました。

サンセットを眺めながらディナーをとるというもので、船の上から夜景や花火も鑑賞できるというプラン。

この旅行で娘も私も一番楽しみにしていた時間だったし、この予定を入れることが最優先でした。

さぞかし特別な時間が過ごせるかと思いきや・・

娘は船が出てすぐに、船酔いで食事を摂れず。

そんな娘に付き添ってデッキに出たので、私たちもです。

そしてデッキに出てとんでもないことに気が付きました。

私は船が怖い

確かに景色は美しくて素晴らしかった。

だけど、そんなのどうでもいいから、早く船を降りたい!

お金かけたのに・・

他の予定を犠牲にしたのに・・

したい!したい!したい!

と思っていたことが実現しても、それが必ずしも私をハッピーにしてくれるわけではないことを、改めて痛感した時間でした。

「望んでること」それを私が「本当に好きかどうか」を考えてる?

Sponsored Link

上の例で「願いが叶うことと幸せは別物」ということを説明するのは、大げさなのかもしれません。

だけど

「どうしてもしたい」と思ってした結婚が破綻したとき

憧れの職業に就いたのに、苦しいだけのとき

こんな風に「人生が思い通りに行かないと感じる時」、本質的には同じ事をしていると思います。

それは、

「やりたい!」と思ったことが実現すれば、絶対に幸せになれると思っている

だけど、その「やりたいこと」が

本当に自分の好きなことなのか

自分に合ってることなのか

見栄やプライドだけで選んで無いか

誰かの意見に流されて無いか

雰囲気に流されて無いか

ちゃんと分析できていないのです。

・・

とはいえ、経験してみないと自分に本当に合っているのかいないのか、分からない時もあります。

だからこそ言いたい。

「叶うか叶わないかに、こだわらないこと」

叶って幸せになることもあるし、不幸になることもある。

叶わなくて幸せになることもあるし、不幸になることもある。

だから「自分の思い通りにしようとする」ことよりも

いろんなことを経験しながら、自分の「好き・嫌い」を確かめて

「好き」に接する機会を増やすこと

の方が、私たちの人生には大切なんだと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ