障害があっても!今井絵里子さんママとして覚悟を決める生き方

imaieriko

「苦難はそれを乗り越えられる人にしか与えられない」

スピードの今井絵里子さんを見ていると、この言葉が真実のような気がしてきます。

今井さんのお子さんは先天的な障害のために耳が聞こえません。

その重い事実を受け入れシングルマザーとして子育てしながら、音楽活動を続ける今井絵里子さん。

その姿から、シングルマザーとして「覚悟を決める」とはどういうことかを考えます。

「笑顔でいる」という覚悟を決める

Sponsored Link

2004年に出産した今井絵里子さん。

お子さんに障害があり耳が全く聞こえないと分かったのは、生後2か月のことだったと言います。

もしあなたの子供に同じような障害があると分かったら、あなたはどのように感じるでしょうか。「なぜうちの子が」と、自分たちの身に不幸が起こったことを嘆くでしょう。

今井さんも同じように、自分の子の耳が聞こえないことを辛く感じ神様を憎んだほどだと言います。

でも、今井さんの強さはいつまでも嘆いたままでいないという所。

一晩泣き明かして目を覚ましたら、「泣くのはもう終わり!いつも笑顔でいよう。」と子供の障害を受け入れる覚悟を決めます。

そして2007年、夫である175RのSHOGOさんと離婚してからは、シングルマザーとして一人でお子さんを育てています。

(離婚の理由は「心の距離が離れたため」と公表していますが、元夫のSHOGOさんの浮気が原因とも言われています。)

子供の障害、離婚。自分の身に起こったら、受け入れられるか分からない程の重荷です。

でも、今井さんはいつも笑顔を見せています。それは、「もう泣かない。笑顔でいる!」と決めたから。

そしてその笑顔のおかげで、息子さんは障害を受け入れながら立派に成長し、今ではお母さんの幸せを願うまでになりました。

「覚悟を決める」って難しいことを想像してしまいますが、「笑顔でいる」と決めるだけで多くのことを乗り越える力が出せるのだということを、私たちに教えてくれています。

なぜ「笑顔」だと乗り越えられるのか。笑顔が持つ力とは

Sponsored Link

さて、笑顔でいることが、なぜ辛さを乗り越える程の力になるのでしょうか。

それを知るために、試しに一日だけでもいいから、「今日は絶対に笑顔でいる」と決めて実践してみましょう。

すると、些細なことで笑顔が崩れてしまうことに気付くはずです。「笑顔でいる」ためには次のような能力が必要で、決して簡単なことではないからです。

  • 辛抱強さ
  • 物事を前向きに捉える力
  • 自分を信じる力

反対に、「何があっても笑顔でいる」ように努力することで、これらの力を鍛えることが出来ます。

笑顔でいると辛いことを乗り越えられるのは、これらの力が鍛えられた結果なのです。

———————–

私たちも、今井さんほどではないにしても、シングルマザーとしての辛さをたくさん抱えています。

思い通りにならない育児や仕事、苦しい経済状況など、言い出せばきりがありません。

でもそれを嘆くのを終わりにして、今井さんのように笑顔でいる覚悟を決められたら、辛いことも簡単に乗り越えられるはずです。

< シングルマザーの芸能人 関連記事 >

「紗栄子の魅力は本物!?一流の男性を射止める最大の魅力は」

「紗栄子がモテる理由。シングルマザーがマネしたい紗栄子の魅力とは」

「3大シングルマザー芸能人から学ぶ、もっと幸せになれる生き方」

「千秋とココリコ遠藤の奇妙な関係。千秋の心理、理解できる?」

「再婚で幸せになった芸能人から学ぶ、バツイチ子持ち婚の成功法則」

「離婚で好感度ママタレに!スザンヌはシングルマザーのお手本」

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ