結婚したいなら、幸せな結婚生活を送りたいなら。本当の自分で出会おう。

一度目の結婚の失敗で思うのは、幸せな結婚生活を送れるかどうかは「自分次第」ということ。

これ、相手に合わせて私が我慢すれば・・とか、そういうことではありません。

そもそも相手を見つける以前から「偽りの無い自分でいること」が幸せな結婚生活に必要不可欠だったということです。

それどころか、「幸せな人生に」といっても過言では無いかもしれませんが。

結婚前の嘘だらけの自分、結婚したら隠し続けられません

Sponsored Link

「どうしても結婚したい!」と焦っていると、目の前の男をつかむために必死になるものです。

私は早く安心が欲しくて、結婚してくれそうな男性をロックオンして、気に入ってもらえるように振舞っていました。

それで捕まえることが出来たのが、元夫です。

でもその後、元夫の家族があるカルト教の信者だったという理由で結婚が破綻。

離婚して今に至ります・・

で、私は離婚直後、常々こう思っていました。

「あいつ(元夫)、私を騙してたな(怒)」

「宗教」という不都合を隠してまんまと結婚して、私を不幸にしたな!と。

全部元夫のせいだ、彼を非難していました。

でも、今はこうも思えるのです。

「あいつ、騙してたなぁ。でも、私も騙してたわ(笑)」

私も、わがままで・自分勝手で・計算高くて・家事が嫌いなことを黙って、さも

「優しくて趣味に理解のある、無邪気で無垢で甲斐甲斐しい女」

を演じてました。

これが詐欺でなくて、なんなのでしょうか。

しかも私は、自分で作った虚像の自分を守るために、無駄な努力をしてストレスをためて・・

それを元夫に当たり散らしてもいました。

離婚のきっかけは「宗教」だったけど、本当の理由は「本当の自分を隠すことに疲れた」なのかもしれない。

本当の自分で信頼関係を築いていたら、「宗教」という問題も乗り越えられたのかもしれない。

いや、それより。

多分お互いが本当の自分でいたら、元夫が「宗教を隠す」ということも無かったんだろうな、と思います。

モテ意識も止めていい人ぶりっこも止めて!隠さない自分で相手に見つけてもらおう

Sponsored Link

自信を持って振舞えるように、自分磨きもいいけれど。

男心の勉強もいいけれど。

私のように相手目線を意識しすぎて「素の自分をねつ造」するレベルまで行くと、結婚できても結婚生活は苦しいです。

それに、「本当のあなた」を誤解した男性が近寄ってくるから、どうしても「一緒にいてしっくりこない」ということが起こる。

だから一緒にいることがしっくりきて幸せな人に出会いたいなら・・

本当の自分を外へだすこと。

ワガママでも自分勝手でも、そんなあなたがイイ!と言ってくれる人に見つけてもらうこと。

その人があなたと結婚してくれるかどうかはわかりませんが(オイ!)

誰でもいいような人と結婚するよりも、確実に豊かなパートナーシップを築くことが出来るのは、間違い無いはずです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ