離婚「したいけどできない」人が後悔しない人生を送るために

rikonnshitaikedodekinai

離婚したい

でも様々な事情から「やっぱりできない・・」と踏みとどまっている方もたくさんいるでしょう。

踏ん切りをつけて離婚した方が、幸せになれるのでしょうか。

でも踏み切り方を間違えると、今度は「離婚して後悔」の辛さを味わうことになってしまうかもしれません。

「離婚したいけどできない」辛さと「離婚した後悔」の辛さの根源は同じ

Sponsored Link

事情は数あれど「離婚したい」とまであなたが思っているとき、配偶者との暮らしは相当な忍耐と苦しみがあるでしょう。

苦しい。腹が立つ。顔も見たくない。「離婚したい。」

でも子供は?老後は?お金は?「やっぱり出来ない。」

こんな時あなたの気持ちを安らかにするには、「選択をする」しかありません

それは、「離婚をする」か「仮面夫婦と割り切ってでも結婚生活を続ける」か「夫婦の問題を修復する」の3択です。

でもこれらの中から「きっぱりと選択できない」から苦しいのですね。

そんな方が、苦しみを逃れるために離婚を選択してしまうと、新しい苦しみが始まります。

「離婚を後悔する」苦しみです。

1人は辛い。暮らしが大変。やっぱり旦那のことを好きだった。「復縁したい。離婚の事実を消したい。」

でも今さらそんなこと言えない。旦那はきっと許してくれない。「離婚しなければよかった。」

こんな時もあなたが心を安らかにするためには、「選択する」しかありません。

「腹をくくって一人で生きる覚悟を決める」か「元配偶者に素直な気持ちを話すか」です。

でも苦しみから逃れるために離婚を選択してしまったあなたは、「腹をくくる」ということがきっと苦手なのです。

「腹をくくらないまま動き続ける」と、新しい苦しみを次々生み出してしまいます。

「離婚できない」辛さから逃れるためには、腹をくくるしかない

Sponsored Link

「離婚できない」時も「離婚してしまった」後も、苦しみが生まれるのは人生に対して腹をくくれていないからです。

どんな選択をしても、あなたが「腹をくくれない人」である以上は後悔や苦しみがついてまわります。

だから「離婚できない」という苦しみから逃れたいなら、まずは何よりも「決める」ということに対して覚悟を決めることです。

それは「いったん選択をしたら、二度と同じ場所へは戻らない」という覚悟です。

つまり、「離婚を決意」したなら「やっぱり止める」と言わないこと。

「夫婦関係を修復する」と決めたなら、もう配偶者への不満は言わないこと。

その上で、一人でも多くの人が笑顔になる選択をすることが、あなたの人生に安らぎをもたらします。


あなたが覚悟さえ決めていれば、どんな選択も正解になり得るのです。

反対に、中途半端な選択は、どんなものでも不幸につながる可能性を含んでいます。

Sponsored Link

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ