強い子に育てるには・・変えようとするより「そのままで」進ませること

色々と挫折の多かった自分の人生を見つめると、

「子供には困難に負けることなく、強く育ってもらいたい」

と思ってしまいます。

だけどそのために、

もっと色んなことで努力しなきゃ!

勉強も運動もがんばって!

自分を強くするんだ!

と、本当の自分から変わることを強いるのは逆効果なような・・

だって、自分で自分にそうしてきて失敗したのだから。

本当は強く生きるためには、「そのままの自分で大丈夫」と心から納得することかもしれません。

だから子供にも、「そのままでいいよ」と言ってあげるだけでいいのかもしれません。

人はもっと強く、もっと賢く、もっと頑張らなければいけない?

Sponsored Link

私の娘は、集団の中で目立たないタイプの子供です。

リーダーシップをとるわけでもなく、勉強や運動が特別秀でている訳でもない。

普通の女の子です。

でも私には、娘の「普通」が受け入れられなくて、やきもきした時期がありました。

こんなにぼんやりしていたんじゃ、いじめられるんじゃないか?

勉強や運動で、他の子に圧倒されるんじゃないか?

他人より優れた点が無いと、自信を持って生きていけないんじゃないか?

そんな風に、娘が「そのままの自分」で生きていくと、挫折や困難に出遭ってしまうのではないかと・・

心配でたまらず、

もっと頑張れ

もっと反省して

もっと苦労して

と、「娘を鍛え上げること」ばかり考えてしまったことがありました。

ところが、娘は一向に私の理想通りにはなりません。

それどころか私の押し付ける「もっと」に委縮してしまう悪循環に。

そんなある時、ふと思いました。

「私はこれまで、自分に『もっと、もっと』と頑張らせたけど、幸せになっただろうか?」

負けないように、強くなるように、と努力してきた自分の人生は、常に人との比較で苦しいことばかり。

あげくの果てには、離婚して苦しい立場に追い込まれていたのでした。

「強くならなきゃ乗り越えられない」のではなく「自分のままでいいから乗り越えられる」

Sponsored Link

「そのままの自分には力が無いから、強くならなければいけない」

という前提で、私は生きてきました。

だけどどんなに頑張って自分を鍛えてきても、予想を超える困難が人生には訪れることが。

そして、頑張っても手に入れられないことも、たくさんありました。

その度に思うのです。

「やっぱり私はダメなんだ」

と。

そうして「自分はダメだ」という前提が、どんどん強くなっていくのです。

ところが、

「そのままの自分で大丈夫だから、何があっても大丈夫」

という前提で生きていたなら・・

何があっても自分を信頼できる。

何があっても、自分を否定しないでいられます。

その「自分への揺るぎない信頼感」が、前に進む強さをくれるのです。

だから子供を「強く育てたい」と思うなら、鍛えようとするよりも

「そのままの姿で前に進むことを、勇気づけること」

だって「そのままの自分」を強く信じてくれる人が近くにいたら・・

私たちも「このままでいいんだ」と、ずいぶん励まされると思いませんか。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ