腹黒シンママの私は、既婚者の「離婚できない理由」を非難できません

既婚者の離婚したくても「できない理由」としてよく挙げられるのが、「子供のため」。

でもシングルマザーなら、「そんなの言い訳だ」ってすぐに分かってしまいますよね。

だけどそれをとやかく言えるほど、私も清廉潔白ではないわけで・・

そもそも清廉潔白さって、そんなに重要ですか?

キレイごとで語られる「離婚できない理由」・・私にもある、腹黒い本心

Sponsored Link

夫に文句を言ったり、ないがしろにしながらも「子供のために別れない」

という既婚者を見ると、正直心の中で白い目で見てしまいます。

本当はお金のためでしょ?

勇気がないんでしょ?

自分がシングルマザーなので、そう思ってしまうのはしょうがないのです。

でも言い訳することを、やめろだなんて言いません。

私もそれほど清らかでは無いので。

両親にイライラしては、

「でもお金がもったいないから我慢、我慢」と心の中でつぶやいて

外では「賑やかな方が子供も喜ぶからね~」とキレイごと言ってみたり。

再婚したいなぁ・・

「でも夫が出来たら家事大変になるわ・・めんどくさ」

と思うことがあることを包み隠し、「最適なタイミングが来たらね!」とキレイごとを言ってみたり。

(彼も同じことを思っているかもしれません)

もちろん、同居も再婚も、腹黒い理由だけで選択している訳ではありません。

「キレイごと」を心の底からそう思ってる瞬間も、もちろんあります。

こんな風に、心の中で「キレイごと」と「欲や不安・計算打算」のバランスを取りながら、自分の最適の人生を作っていく。

これでいいんじゃないかなと、思うのです。

欲に飲み込まれない程度に、腹黒さを活かしましょう

Sponsored Link

出来れば清く正しく、美しく生きたい。

だからといって常に自分に誠実に生きればいいかというと、それもまた違いますよね。

「こんな生き方嫌だから、無職だけど離婚する!」なんて、自分に正直と言えば正直だけど、どちらかと言えば無謀です。

かといって私は腹黒を礼賛する訳ではありません。

あくまでも「自分の望むこと」がはっきりしている場合でなければ、「欲や不安・計算打算」に飲み込まれてしまうからです。

進むべき方針がなく欲や不安に従うと、

「心底嫌なのに老後のために結婚生活を続ける」

「出来るだけ楽に働く社畜になって、給料をもらえればいい」

というように、どんどん堕ちていってしまいます。

「欲や不安・計算打算」は、「本当に欲しいものを手に入れるための戦略」です。

自分が望むことが分かっていてこそ、活かすことが出来るのです。

そのためには、自分の恐れるものをよく理解すること。

ぼんやりと、なんとなくの不安や恐れにかられて行動しないこと。

自分の「本当はこうしたい」を忘れないことです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ