いま不幸なままでは、新月の願い事なんていくらしても叶わない

何も上手くいかなくて苦しくてもがいていた時、試せることは何でもしました。

占い、引き寄せ、新月の願い事・・

でも結局なにも、状況を変えてはくれなかった。

願い事なんて、いくらしても叶わないのです。

いま不幸のどん底で、不満がいっぱいなままでは。

少なくとも自分で幸せを作り始めない限り、神様はなにもしてくれないのです。

不幸なままでどんなに幸運を引き寄せようとしても

Sponsored Link

子供をひとり抱えて、仕事も無くなって心も病んで八方ふさがりのころ。

とにかくはまったのは

占い

引き寄せ

神頼み

ありとあらゆる系列の占いを読んだし、引き寄せや願望実現系の本も読み漁りました。

神社や寺へ行って、祈祷やお祓いをしてもらったこともあります。

だけど結局、何も変わらなかったどころか、

「どうして変わらない?」

「こんなに一生懸命祈ってるのに!」

という、新たな恨みが増えただけ。

その分おかしな苦しみやストレスが増えただけでした。

ところが

占いなんて。

引き寄せや願望実現なんて、でたらめなんだ。

結局自分で変わるしかないんだ。

そう絶望して、ようやく私は自分の現実に目を向ける覚悟が出来ると・・

不思議なことに現実は好転していったのです。

今ならわかります。

引き寄せも、現実の創造も、占いだって、神様だって。

本当に、もっと良い現実を作るために役に立つのです。

だけど少なくとも、「いま幸せだ」というベースまで自分を引き上げるのは、自分の力でするのです。

再婚したりセレブになったりしなくても。「幸せ」は小さなことでいい

Sponsored Link

「いま幸せだ」という状態になるには、大きな幸運に恵まれないといけないと思っていました。

私の場合、

再婚したり

仕事で大金が稼げるようになったり

子供がエリートコースを歩んだり・・

とにかく、少なくとも今の状況を「ガラッと」一新してしまうような、大きな何か。

そしてそれを起こすためには、偶然に恵まれないと無理。

「だから私は幸せになれない」と信じていたのです。

でも自分の毎日を「幸せ」な状態にするためには、大きな出来事なんて必要ない。

大好きなおやつ

あったかいコーヒー

お風呂にゆっくり入る

寒い日に湯たんぽで暖めたおふとん

こんな小さな日常の心地よさで十分・・

というより、

この日常の心地よさに目を向けること

が一番大切なのです。

一瞬一瞬に目を向け始めたとき、不満だらけだった自分に気付き、人生が変わり始めます。

そしてその時、それまで新月に願っていたことも、

「本当の願い事ではなかった」

ことに気付くかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ