「離婚してすぐ婚活している人」を、私が応援できない理由は

離婚して独身になったなら、恋人を作るのも再婚するのも個人の自由。

だけど個人的には

「離婚してすぐ婚活中」

という人が、なんか嫌です。

その理由は、その人が離婚した理由を、全部相手のせいだと断定しているように感じてしまうからです。

「離婚してすぐ婚活する」ということから感じるのは

Sponsored Link

私自身が離婚した経験があるので、離婚調停中の方・離婚直後の方などから身の上話を聞くことがたびたびあります。

その中でどうしてもひとこと言いたくなってしまうのが、「もうすでに婚活中」という人に対して。

それは、

まだ離婚も成立していないうちから

「結婚の失敗」という経験を自分の中で落とし込まないうちから

再婚を望んで婚活に励むということは、その人が

「自分は何も振り返るべきことはない。直すべきところはない。」と思っている

ことを示しているように感じるからです。

「結婚生活が破綻したのは相手が悪くて、別の良い人となら絶対幸せになれる」

と思っていなければ、すぐに婚活なんて出来ないんじゃないかなぁと、思うからです。

「離婚した原因がどちらか一方だけにある」なんてことは絶対ない

Sponsored Link

どんなに同情的な離婚理由でも、どんなに最低な元夫でも、「離婚した原因が元夫だけにある」ということは絶対にないと思っています。

そんな最低な元夫を結婚相手として選んだ自分があり

自分と元夫との相互作用が結婚生活の破綻につながった・・

だから、結婚が誰かに強制されたものでない限り、「結婚の失敗」の責任をどちらか一方に負わせるのは間違っているのです。

むしろ、

「今の人生を自分の責任だと受け止める」

ことから、新しい人生が始まります。

自分の責任を受け入れずに何かを始めようとしても、同じ失敗の繰り返しになってしまいます。

再婚したいなら、新しい人生を自分で歩き始めてから出会った人が、きっとぴったりきます。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ