あなたの婚活を成功に導く「思考・行動・態度」の法則

konnkatuseikousikoutaidokoudou

国勢調査の分析によると、独身の30歳のうち5年後までに結婚出来ているのは3分の1という厳しい現実があるようです。

あなたがどうしても結婚(再婚)したいとしたら、ぼんやりと出会いを待つよりも婚活をした方がいいかもしれません。

でも婚活をするにしても、闇雲なアプローチでは成功に至らず疲れ果ててしまうことも。

だからあなたの婚活を成功に導きたいなら、この法則に従ってみましょう!

思考・行動・態度の3方向から、あなたの婚活を成功に導きます。

婚活を成功に導く法則 1.< 思考 > 成功する婚活はポジティブな結婚のイメージに引き寄せられる

Sponsored Link

婚活をするとき「どんな人と結婚したいか」を考える人は多いでしょう。

でも実はこの行為が婚活を失敗させる要因になっているのです。

なぜなら「あなたが求める条件」を考えすぎることは、「今あなたには足りないものが多い」という思い込みを生んでしまいます。

そして「あなたに足りないものが多い」という思い込みは、「結婚できないと幸せになれないかも」という不安を生みだすのです。

この不安はあなたに、「結婚」はキラキラした嬉しいものでは無く、「命綱」「セーフティネット」のような崖っぷちを連想させます。

そうすると「婚活」もまた悲壮感や必死感が漂うものに。

こんな風にネガティブな女性に素敵な男性が現れないだろうということは、誰もが想像出来ることでしょう。

では反対にあなたが婚活を成功させたいのならどうすれば良いのでしょうか?

それは、「結婚に対するイメージ」をポジティブに設定すれば良いのです。

そのために、相手に求める理想よりも「あなたが相手にどんなことをしてあげられるか。どんな幸せを与えられるか。」を考えてみてください。

「してもらう」ことよりも「してあげられること」を考えることで、「結婚しないと幸せになれない」から「結婚でもっと幸せになれる」にシフトすることが出来ます。

また「あなたが出来ること」にフォーカスすることは、あなたの強みを明確にし自己価値を高めることに役立ちます。

婚活を成功に導く法則 2.< 行動 > 常に成功例と接することであなたも成功者になれる

Sponsored Link

あなたは普段どんな人と一緒に過ごしていますか。

「独身と既婚だと話が合わないから」といって独身同士でつるんでいたり、「いい人がいない」なんて愚痴りあったりしていませんか。

でも「類は友を呼ぶ」とは本当の話し。

独身同士つるんでいる間は独身から抜け出せないのです。

これには「波長」など目に見えないものの力も関わっているのかもしれません。

でもそれよりも現実的な理由として、「人は模倣し学習する生き物だから」ということがあてはまるでしょう。

子供が親を模倣し色々なことを吸収していくように、あなたも長く一緒にいる人の思考や行動を吸収しています。

だから独身同士つるんでいる時、あなたは「独身から抜け出せない」人の思考や行動を上塗りしているのです。

それよりもあなたは、婚活に成功した人や円満な家庭生活を送っている既婚者の方と行動を共にするべき。

そして「結婚できる人」の思考や行動をコピーすれば、あなたも「成功者」の一員になれます。

婚活を成功に導く法則 3.< 態度 > どんな出会いも「巡ってきたことに感謝」することで新しい出会いが巡ってくる

Sponsored Link

「会っても会っても変な人ばかり。いい男は全然いない。」

婚活をする女性によくみられる発言です。

でも相手の目線に立ってみたとき、実はこんなことを言うあなたこそ彼にとっては願い下げ。

また紹介してくれた方に対しても、お相手を見下したような発言をするあなたには、素敵な男性なんて絶対紹介したくないと思うでしょう。

こうした人を見下す態度は、言葉にして直接言わなくてもあなたの表情やしぐさに表れて伝わり、男性や良い縁談を遠ざけていきます。

だから、自分を棚に上げて男性の文句を言うのは止めにしましょう。

あなたがどんな印象を持った相手でも、あなたのために時間を割いてくれています。

また紹介してくれた方も、たくさんの労力をかけて引き合わせてくれているのです。

それに気付き、1つ1つの出会いに感謝しましょう。

そんな謙虚な態度があなたにたくさんの縁を運んでくれます。


「思考・行動・態度」の法則は、婚活だけでなく就職転職、育児にも応用できます。

正しい「思考・行動・態度」を持つとき、人は必ず成功に導かれていくものだからです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ